ルノー キャプチャー(第2世代) サブコンパクトSUVのベンチマーク

Renaultの新車情報SUV, サブコンパクトカー

ルノー新型キャプチャーの新たな画像を公開しました。
初代キャプチャーは2013年に発売されて以来、実に150万台も売り上げた大ベストセラーモデルです。
2代目となる新型も、それに負けず劣らずの完成度となっています。

今回は新型キャプチャーの概要をご覧ください。


ルノー新型キャプチャー(第2世代)の概要

エクステリア

ルノー キャプチャー(2020年モデル)

最近のルノー車に共通するCシェイプヘッドライトが採用された。

サイドビューは初代のイメージを踏襲している。

リア周りは初代よりもスポーティーな印象。

リアゲートの開口部下端がかなり高い位置にある。

テールランプもCシェイプシェイプ。

ルノーの現行ファミリーフェイスに変更され、ボディサイズが大型化されました。
全長が4,230mm(先代比+110mm)、ホイールベースが2,630mm(先代比+20mm)となったことで、室内がより広くなっています。

目次に戻る

インテリア

ルノー キャプチャー(2020年モデル)のインテリア

内装色はいくつかの組み合わせがある。こちらは白。

こちらはオレンジにピアノブラックパネルの組み合わせ。

白内装にブラックウッド調パネルの組み合わせもある。

セレクターレバーは至って普通。

ドリンクホルダーは縦に2本のタイプ。

スマホの置くだけ充電機能もあるようだ。

シートはスポーティーな形状。ヘッドレストは分離できるようだ。

ドアポケットの容量も十分。

このクラスとしては広めのラゲッジスペース。

ホイールベースが長くなったことで、後席のレッグルームが17mm増加しました。
また、ラゲッジスペース容量も81リッター増え、536リッターとなっています。
サブコンパクトSUVとしてはトップクラスに大きなラゲッジスペースと言えるでしょう。

静音性も向上しており、130km/h以下の速度域においては、キャビン内の騒音レベルが先代比で2dB減少しています。

目次に戻る

シャシー

CMF-Bプラットフォームが新たに採用されました。
これは日産の新型ジュークと同じものです。

ショックアブソーバーも一新され、乗り心地が向上しました。
ステアリングギア比は10%クイックになり、ダイレクトで俊敏なハンドリングとなっています。

目次に戻る

パワートレイン

ガソリンエンジンは1.0リッター・直列3気筒が1種類(100ps)、1.4リッター・直列4気筒が2種類(130ps, 155ps)用意されます。
ディーゼルは1.5リッター・4気筒のみですが、パワーが異なる2種類(95ps, 115ps)がラインナップされるようです。

トランスミッションは5速もしくは6速のマニュアルか、7速デュアルクラッチを選択できます。
0-100km/hは最も速い155PS仕様でも8.6秒です。

PHEVも

ルノーはPHEV仕様のキャプチャーを投入する予定です。
1.6リッターのガソリンエンジンに2つの電動モーターと9.8kWhのバッテリーを組み合わせたものとなります。
EV走行距離は45kmです。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。
発売は2020年です。

キャプチャーはスタイリングこそオーソドックスなものの、室内やラゲッジスペースが広く、かなり競争力のあるパッケージになっていると思います。
日本勢のサブコンパクトSUVはデザインで勝負している車が多い(C-HR、ジューク、CX-3など)印象なので、キャプチャーと本当に競合しているのは、ホンダ ヴェゼルくらいかもしれません。
なので日本におけるキャプチャーは、逆にユニークな存在だと思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath