マクラーレン 620R 570 GT4レーサーのロードゴーイングバージョン!

2019年10月15日McLarenの新車情報スポーツカー, スーパーカー, マクラーレン・スポーツシリーズ

McLaren 620R

マクラーレン620Rを発表しました。
600LTに替わり、スポーツシリーズの頂点に立つモデルとなります。

この620Rのエアロは、ほとんどがレーシングカーの570 GT4と同じものです。
まさに公道を走るレーシングカーといえるでしょう。

今回はマクラーレン 620Rの概要をご覧ください。


マクラーレン 620Rの最新情報

エクステリア

スパイショット

マクラーレン 620Rのテストカー

低い車高と巨大なフロントスプリッターという出で立ちは、完全にレーシングカーだ。

ルーフ上のエアスクープは、GT4レーシングカーにはなかったものだ。

巨大なリアウイングがこの車のキャラクターを物語っている。

エグいリアディフューザーが付いている。排気はディフューザーの両サイドから。

大型のフロントスプリッター、カナード、ダクト付きのボンネット、巨大なリアウイング、そしてアグレッシブな形状のリアディフューザーが装着されています。
エアロの見た目は570 GT4とほぼ同じです。

市販バージョン

McLaren 620R front
マクラーレン 620R

McLaren 620R front three quarter
フロントバンパーやスプリッター、カナードなどは570 GT4譲りで、公認基準を満たすよう再設計されている。

McLaren 620R bird's eye view
ルーフはカーボン。模様が美しい。

McLaren 620R bonnet
ボンネットも570 GT4と同じものとのこと。

McLaren 620R rear wing
リアウィングも570 GT4と同じものだが、取り付け位置は320mm引き上げられている。

McLaren 620R rear three quarter
リアディフューザーはレーシングカーのものではないらしい。

レーシングカーのエアロを装着しているため、ダウンフォースレベルも非常に高いものです。
フロント周りのエアロだけで最大65kgのダウンフォースを発生(カナードがそのうちの30kgを占める)しますし、クリーンエアを受けやすいように320mmもハイマウント化されたリアウィングと合わせて、最大185kgものダウンフォース(250km/h走行時)を生み出します。

ボディカラーはマクラーレンレーシングカラー(マクラーレンオレンジ、シリカホワイト、オニキスブラック)の3色のみです。

目次に戻る

インテリア

インテリアの写真はまだ公開されていませんが、フロアカーペットもグローブボックスも装着されておらず、非常にスパルタンな内装になるとのことです。
エアコンやオーディオも標準装備ではありませんが、追加コスト無しで装着することもできるのだとか。
しかし6点式のレーシングハーネスや、超軽量なカーボンバケットシートは標準装備です。
拡張シフトパドルやステアリングホイールのスポーク、センターコンソールなどはカーボン製となり、レーシングカーに搭乗している雰囲気を醸し出してくれます。

スパルタンな620Rですが、テレメトリーシステムは標準装備です。
センターコンソールの7インチタッチスクリーンにドライビング関連の情報を表示できます。

目次に戻る

シャシー

カーボン・モノセルⅡシャシーが採用されています。
車重は1,282kgしかありません。

軽量なアルミ製サスペンションには、スタンダードモデルよりも高剛性なスタビライザーとスプリングが装着されています。
アッパーマウントもゴム製からステンレス製に交換され、ハンドリングのフィードバックがより明確になりました。
ちなみにパワートレインのマウントも高剛性なものに交換されているようです。

ショックアブソーバーはGT4スペックのもので、伸び側と縮み側を別々に調整できます。
調整幅は32段階もありますが、スタンダードモデルのダンパーより6kgも軽量です。

ブレーキは鍛造アルミニウム製の軽量なキャリパーを装着。
フロント:390mm / リア:380mmという大径セラミックブレーキディスクと組み合わせてあります。

タイヤはセミスリックのPirelli P Zero Trofeo R。
フロント19インチ、リア20インチです。
なお、サーキットでは機械的な調整を施すことなくレーシングスリックタイヤに履き替えることもできます。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは他のスポーツシリーズと同じく3.8リッター・V型8気筒ガソリンツインターボを搭載しますが、パワー・トルクが引き上げられています。
最高出力は620ps、最大トルクも620Nmです。
よって620Rはスポーツシリーズで最もハイパワーなモデルとなります。
ちなみにレースと違ってレギュレーションによる制限が無いので、レーシングカーの570 GT4よりもハイパワーなのだそうです。

トランスミッションは7速シームレス・シフト・ギアボックス(SSG)で、650Sで初採用された「イナーシャプッシュ」テクノロジーも搭載されています。
イナーシャプッシュはフライホイールに蓄積されたエネルギーをシフトアップ時の瞬間的なトルクバーストに使用することで、変速中にも継ぎ目のない加速を実現するテクノロジーです。
実際、620Rの0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/hでも8.1秒と非常に優れています。
最高速は322km/hです。

また、スポーツモード選択時には、ギアシフト中に点火スパークを瞬時にカットすることで生じる、アグレッシブなサウンドを堪能できるそうです。

目次に戻る

価格・発売日

マクラーレンは彼らが選んだ特別な顧客のみに620Rを販売する予定で、生産台数は350台限定です。
価格は250,000ポンド(記事更新時点のレートで約3,566万円)となっています。
デリバリーは2020年2月から開始されるそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath