日産 新型エクストレイル 4代目はジューク顔!?

ニッサンの新車情報SUV, 日産 X-TRAIL (4th-Gen)

日産のミッドサイズSUVであるエクストレイル(米国名: ローグ)が、フルモデルチェンジされます。
4代目となる新型エクストレイルは、先日発表された2代目ジュークのような顔つきになりそうです。

今回は新型エクストレイルのスパイショットをご覧ください。


新型エクストレイル(4代目)の最新情報

エクステリア

スパイショット

新型エクストレイルのテストカー

ヘッドライトの位置からすると、ジュークのようなレイアウトだと思われる。

2代目ジューク。エクストレイルもこんな感じの顔つきになるのかもしれない。

Vモーショングリルは継続採用のようだ。

フロントオーバーハングは長め。

テストカーは20インチの大径ホイールを履いている。

スポイラーはテールゲートガラスを囲むような形状。

最近流行りの、ショルダーを強調するようなデザインに見える。
スパイショットの出典: autoevolution.com

テストカーは分厚いカモフラージュに覆われていますが、フロント上部にデイタイムランニングライト、下部にヘッドライトという配置になっていることがわかります。
ジュークのようなレイアウトのようです。
Vモーショングリルは継続採用されるでしょう。

目次に戻る

インテリア

スパイショット

新型エクストレイルのインテリア

センターコンソールのタッチスクリーンはかなりの大画面だ。

インフォテイメントはロータリーダイヤルでも操作できるようだ。

メーター類がデジタル・インストゥルメントに置き換わっています。
センターコンソールのタッチスクリーンもかなりの大画面です。
セレクターレバーの後方には、インフォテイメントシステムを操作するためのロータリーダイヤルが見えます。
ステアリング形状は現行型と同じくDシェイプのようです。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンに関する情報はまだありませんが、現行型のエンジンが流用される可能性が高いです。
2.5リッターや2.0リッターの直列4気筒がラインナップされるでしょう。
現行型のヨーロッパ仕様には1.3リッターや1.6リッターのターボエンジンを搭載したモデルもあるので、そちらが採用される可能性もあります。

現行型と同様に、ハイブリッドモデルも用意されるでしょう。
また、マイルドハイブリッドやPHEV等の、新たな電化モデルが登場するかもしれません。
ライバルであるトヨタ RAV4にPHEVモデルが追加されるので、新型エクストレイルもそれに続く可能性は高いと思います。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

4代目となる新型エクストレイルは、モデルイヤー2021(2020年下半期~2021年上半期生産モデル)にデビューする予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath