名車ルノー 5がEVになって復活!

Renaultの新車情報Bセグメント, EV, ハッチバック

Renault 5 Prototype
ルノー 5 プロトタイプ

ルノーの名車「5(サンク)」が、EVとなって復活するそうです。
今回はそのプロトタイプの画像をご覧ください。

Related Posts

ルノー 5 プロトタイプの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Renault 5 Prototype
ルノー 5 プロトタイプ

Renault 5 Prototype
かつての5を彷彿とさせる角張ったデザインが特徴だ。

Renault 5 Prototype Side
コンパクトな車体だが、前後オーバーハングが極限まで切り詰められているので、室内はそこそこ広いと思う。

Renault 5 Prototype Front and Rear
前後バンパーに文字が表示できるようだ。ダッシュボード上の透過型液晶にはHelloと表示されている。

Renault 5 Prototype Rear end
一直線のテールゲートは5の伝統。

Renault 5 Prototype Tail light
テールライトはスピード感のあるデザイン。

5 EVのパワートレイン等に関する情報は公表されませんでしたが、ルノーは「多くの人が手に入れることのできる価格で」提供するとコメントしています。

ルノーは2025年までに7台以上のEVを市場に投入する計画で、5 EVはそのうちの1つです。
アルピーヌもEVブランドとして生まれ変わります。
ルノーは「Renaulution」を掲げてグループの再編に着手しており、EV推進の決意は並々ならぬものがあるようです。

ルノーは2つのEV専用プラットフォーム「CMF-EV」と「CMF-B EV」に基づく商品群で、EV市場でのリーダーシップを形成しようとしています。
前者は日産が主導して開発したC/Dセグメント用EVプラットフォームで、アリアなどに採用される予定です。
後者は5 EVなどの小型車に採用されるでしょう。

5にはラリーカーのホモロゲーションモデルである「5ターボ」がありましたし、2代目5にはGTターボというスポーティーなモデルもラインナップされていました。
5 EVにもホットハッチが用意されるかもしれません。

5 EVの市販バージョンは、2023年にデビューすると言われています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath