ルノー メガーヌがマイナーチェンジ プラグインハイブリッド追加

2020年2月4日Renaultの新車情報PHEV, ハッチバック

Renault Megane Facelift

ルノー メガーヌがマイナーチェンジされました。
新型メガーヌにおける最大の変更点は、プラグインハイブリッド仕様の追加です。
また、RSのエンジンも大幅にパワーアップされています。

今回は新型メガーヌの概要をご覧ください。


新型メガーヌの概要

エクステリア

Renault Megane Facelift
新型メガーヌ

Renault Megane Facelift
ヘッドライトは全グレードでLED化された

Renault Megane Facelift
フロントバンパーはデザイン変更されている

Renault Megane Facelift
新デザインの18インチホイール

Renault Megane Facelift
リアバンパーもディフューザー部分が変更されている。

Renault Megane Facelift RS Line
こちらはRS Line。GT Lineから名称が変更された。

Renault Megane Facelift RS Line
RS Lineのホイール

Renault Megane Facelift RS Line
RS Lineのリアバンパーは旧型と変わっていないようだ

Renault Megane Facelift RS
RSも新型にチェンジ

Renault Megane Facelift RS
ホイールは独特なデザイン

ヘッドライトがLED化され、すべてのグレードに装備されました。
前後バンパーも再設計されています。
フロントフェンダーにはエアディフレクターが追加され、空力の効率が向上しました。
新デザインの18インチホイールや、新しいボディカラー(ソーラー・カッパー、バルチック・グレー、ニュー・ハイランド・グレー)も追加されています。
アンテナもシャークフィンアンテナに変更されているようです。

また、これまで「GT Line」と呼ばれていた外装トリムは、「RS Line」に名称変更されました。

目次に戻る

インテリア

Renault Megane Facelift
新型メガーヌのインテリア

Renault Megane Facelift
センターコンソールのタッチスクリーンが大型化された

Renault Megane Facelift
デジタルインストゥルメントは10.2インチ

Renault Megane Facelift
ATセレクター周りはすごくシンプルだ

メーター類が10.2インチのデジタル・インストゥルメントに置き換わりました。
また、センターコンソールのインフォテイメント・ディスプレイも、9.3インチに大型化されています。

目次に戻る

パワートレイン

ガソリンエンジンは、1.0リッター(120ps)と1.3リッター(100ps, 115ps, 140ps, 160ps)の2種類が用意されています。
ギアボックスは6速マニュアルか7速DCTです。

ディーゼル(95ps, 115ps)もあり、95ps仕様は6速マニュアル、115ps仕様は7速DCTとの組み合わせになります。

RSのエンジンは、300ps・420Nmを発生する1.8リッターガソリンターボです。
以前のモデルと比較して、+20ps・+30Nmの出力向上を果たしています。

なお、新型RSはスポーツシャシーのみで提供され、カップシャシーはRSトロフィーのみです。

プラグインハイブリッド「E-TECH」

Renault Megane Facelift

E-TECHと名付けられたプラグインハイブリッド(PHEV)仕様は、1.6リッター・直列4気筒ガソリンエンジンに、電動モーターと9.8kWhのバッテリーを組み合わせたものです。

システムの最高出力は160psで、モーターのみでも135km/hまで加速できます。
EV走行時の航続距離は50km(WLTP基準)ですが、都市部ならば65kmまで航続距離が伸びるようです。

目次に戻る

運転支援システム

ガソリン車の上級グレードとPHEVには、レベル2自動運転の「ハイウェイ & トラフィックジャム アシスト」が搭載されています。
作動速度は0~160km/hです。
また、アダプティブクルーズコントロールに、ストップ&ゴー機能が追加されました。

プリクラッシュブレーキやブラインドスポットウォーニング、レーンディパーチャーアラートなど、最新の運転支援システムが一通り揃っている他、ドライバーの眠気を検出するユニークなシステムも搭載しています。

目次に戻る

価格・発売日

Renault Megane Facelift

価格はまだ公表されていませんが、マイナーチェンジですから、大幅に値上がりすることはないはずです。

新型メガーヌは、ヨーロッパでは2020年の夏から販売が開始されます。
日本国内導入時期は不明ですが、2020年中には導入されるのではないでしょうか。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath