アルファロメオが新型GTVと8Cの開発をキャンセル

テクノロジー・業界分析スポーツカー

アルファロメオ 8Cコンペティツィオーネ(2007年モデル)

アルファロメオが計画していたGTV8Cの新型が、キャンセルされたようです。
フィアット・クライスラーが発表した最新の製品ロードマップには、8CとGTVの記述がありませんでした。

2018年に発表された新型GTVのティザー画像

2018年に発表された新型8Cのティザー画像


アルファロメオの製品ロードマップ(2019年版)

2018年に発表されたアルファロメオの製品ロードマップ

2019年版の製品ロードマップ。製品計画が大幅に削減されている。

2018年に発表された製品ロードマップと比較すると、2019年版ではラインナップが大幅に絞り込まれたことがわかります。

MiToの廃止は2018年の時点で決定していましたが、ジュリエッタは新型が登場する予定でした。
しかし2019年版では、ジュリエッタも現行型限りで廃止されることになったようです。

ジュリアステルヴィオに関しても、ロングホイールベース(LWB)仕様が追加される予定でしたが、2019年版のロードマップには、影も形もありません。
LWB仕様は中国の顧客が好むため、プレミアムブランドはこぞって中国市場にLWB仕様を投入していましたが、最近は米中貿易摩擦で中国の自動車市場が冷え込んでいるため、キャンセルとなってのでしょう。

アルファロメオ ステルヴィオ

そしてGTVと8Cは、ロードマップから完全に姿を消してしまいました
FCAによると、「グローバルなリーチを縮小し、グループが抱えるその他ブランドと重なる部分においての、既存市場における強みに注力する」ための計画変更なのだそうです。
8CやGTVはマセラティと競合する部分があるので、勝てないと考えたのかもしれません。

とはいえキャンセルされた計画ばかりではありません。
2019年版のロードマップには、「B-UV」という製品計画が新たに追加されています。
BセグメントのSUVということなので、MiToくらいの車格のSUVが計画されているのでしょう。
Dセグメントのステルヴィオ、Cセグメントのトナーレ(C-UV)、そしてBセグメントの新モデル(B-UV)というラインナップが、今後のアルファの中軸となるのかもしれません。

気になるのは、やはりPSAとFCAが経営統合された点です。
B~DセグメントのSUVは、プジョーDSの主力車種でもあります。
そしてプジョーもDSも、プレミアムブランドとして定着すべく努力している真っ最中です。

DS7 クロスバック E-Tense

プレミアムブランドを複数抱えている自動車メーカーとしては、フォルクスワーゲン・グループが挙げられます。
VWの場合は、アウディ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレーと4ブランドも抱えているわけですが、価格帯や車種はあまり被っていません。
しかしアルファロメオのロードマップを見ると、プジョーやDSと同クラスのSUVばかりです。
セダンでもプジョー・508(日本での開始価格は424.7万円から)アルファロメオ・ジュリア(同455万円)と似たような価格帯にあります。
これらを差別化するには、アルファロメオのスポーティーさを一段と強く打ち出すしかないかもしれません。
ただ、プジョーもGTiと名称を廃止して、「プジョー・スポール・エンジニアード」というサブブランドでスポーツ性を強調する戦略に出ているので、難しいところですね。

プジョー・508

アルファロメオ ジュリア・ヴェローチェ

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath