トヨタ RAV4プラグインハイブリッド モーターの力で加速性能もアップ!

2019年11月21日トヨタの新車情報PHEV, SUV

Toyota RAV4 Plugin Hybrid front three quarter

トヨタが「RAV4プラグインハイブリッド」を発表しました。
PHEV版のRAV4です。
北米仕様は「RAV4プライム」、欧州仕様は「RAV4プラグインハイブリッド」という名称で販売されます。

今回はRAV4プラグインハイブリッドの概要をご覧ください。

更新情報

欧州仕様(RAV4プラグインハイブリッド)の画像を追加しました。(2020/01/15)


RAV4プライムの概要

エクステリア

北米仕様(RAV4プライム)

画像はクリック(スマホならタップ)で拡大できます。

Toyota RAV4 Prime front three quarter
トヨタ RAV4プライム

Toyota RAV4 Prime front
デザインは基本的に他のグレードと変わらないが、バンパーはより低く見える形状になっている。

Toyota RAV4 Prime front grill
グリルは専用のメッシュグリル。トヨタマークはブルーになっている。

Toyota RAV4 Prime side
上級グレードのXSEではツートンカラーとなる。

Toyota RAV4 Prime wheel
ホイールは18~19インチを装着。

Toyota RAV4 Prime rear three quarter
意外とスポーティーなマフラーが装着されている。

Toyota RAV4 Prime rear
テールランプ間をつなぐメッキガーニッシュはハイブリッドと同じ。

欧州仕様(RAV4プラグインハイブリッド)

画像はクリック(スマホならタップ)で拡大できます。

Toyota RAV4 Plugin Hybrid front three quarter
欧州仕様のRAV4プラグインハイブリッド

Toyota-RAV4-Plugin-Hybrid front
フォグランプ周りのデザインがRAV4プライムと異なる。

Toyota-RAV4-Plugin-Hybrid rear three quarter
欧州仕様にはフェンダーモールが装着されている。

Toyota-RAV4-Plugin-Hybrid rear
テールゲートガーニッシュがRAV4プライムとは違うように見える。

目次に戻る

インテリア

北米仕様(RAV4プライム)

画像はクリック(スマホならタップ)で拡大できます。

Toyota RAV4 Prime interior
RAV4プライムのインテリア

Toyota RAV4 Prime steering wheel
RAV4プライムにはパドルシフターが装着されている。ドライバーが意図的に回生ブレーキ量を増やせるようにしたのだとか。

Toyota RAV4 Prime instrument
メーターはデジタルインストゥルメント。

Toyota RAV4 Prime door inner
赤いコントラストステッチがスポーティーだ。

Toyota RAV4 Prime shifter
ロータリーダイヤルが追加されている。

Toyota RAV4 Prime front seat
フロントシートもスポーティー。

Toyota RAV4 Prime rear seat
後席も十分な広さと高さが確保されている。

バッテリーパックが床下に搭載されているため、室内の広さは変わっていません。

欧州仕様(RAV4プラグインハイブリッド)

画像はクリック(スマホならタップ)で拡大できます。

Toyota RAV4 Plugin Hybrid interior
欧州仕様のインテリア

Toyota RAV4 Plugin Hybrid  instrument
基本的には北米仕様と同じデザインだが、加飾はこっちの方が豪華に見える。

Toyota RAV4 Plugin Hybrid meter
バッテリー残量計があるのはPHEVならでは。

Toyota RAV4 Plugin Hybrid console
センターコンソールにはEVモードへの切り替えボタンがある。

Toyota RAV4 Plugin Hybrid seat
シートはかなりスポーティーな形状。パノラミックルーフのおかげで室内は開放的。

ラゲッジスペース容量(5名乗車時)は520リッターだそうです。
ガソリン車と比較すると60リッター減となっていますが、それでも十分な容量です。

目次に戻る

パワートレイン

Toyota RAV4 Prime acceleration

リアアクスルにモーターが追加され、RAV4プライムのシステム総出力は306psとなっています。
RAV4ハイブリッドと比較すると、84psのパワーアップです。
0-96km/hの加速も、ハイブリッドモデルから2秒速い5.8秒となっています。
EV走行時の最高速は135km/hです。

Toyota RAV4 Plugin Hybrid charging port

EV航続距離はEPA基準で63km(WLTP基準だと65km)ということですから、通勤や近所への買い物程度ならガソリンを使わずに済むでしょう。
燃費はWLTP基準で80km/L以上と予想されています。
駆動方式はAWD(E-Four)です。

PHEVなので、リチウムイオンバッテリーに蓄えた電力を、最大1500Wで外部に給電することもできます。
災害時には頼りになりそうですね。

目次に戻る

価格・発売日

米国では2020年夏に、欧州では2020年後半に発売されるようですが、日本導入時期は不明です。

価格はまだ公表されていません。
発売日が近づいてくれば発表されるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath