マクラーレン BC-03 謎のハイパーカーはモーターの力で1100馬力!?

2020年1月12日McLarenの新車情報ハイパーカー

McLaren BC-03 front three quarter

マクラーレンが新たなハイパーカー「BC-03」を開発しているようです。
BC-03というのはコードネームで、正式な名前はまだ判明していませんが、見た目も中身もかなり過激なモデルになることは間違いありません。

今回はマクラーレン BC-03の最新情報をご覧ください。


マクラーレン BC-03の最新情報

エクステリア

McLaren BC-03 front three quarter
マクラーレン BC-03の流出画像。顔つきはセナGTRっぽいが、スプリッターは異なる。

McLaren BC-03 side
背びれが生えているのがBC-03の特徴だ。

McLaren BC-03 top
エンジンフードの熱抜きダクトはBC-03独自のデザインになっている。

McLaren BC-03 rear three quarter
巨大なリアウィングはどことなく未来的な印象。

McLaren BC-03 rear
排気口はディフューザーの上に設置されている。

フロント周りのデザインから推測するに、BC-03はセナGTRがベースになっているようです。
しかしリア周りは全く別物となっています。

目次に戻る

パワートレイン

他のマクラーレンモデルと同様に、4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボエンジンが搭載されますが、BC-03には電動モーターも追加され、システムの総出力は1,100psになると噂されています。
凄まじいパワーなので、トラクションを確保するためにe-AWDが採用されるかもしれません。

電動モーターが搭載されるものの、プラグインハイブリッドになるかは不明です。
ホンダ NSXのように、充電は回生システムのみで行われる可能性もあります。

目次に戻る

価格・発売日

価格は350~400万ドル(記事執筆時点のレートで約3.83~4.38億円)というとてつもない金額になりそうです。

発売時期は不明ですが、生産台数は15台のみになると言われています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath