ポルシェ新型マカンはEV! 発売は2022年!

Porscheの新車情報EV, Porsche Macan (2nd-Gen), SUV

Porsche Macan GTS 2020
ポルシェ マカンGTS(2020年モデル)

ポルシェが2019年度の業績を発表する年次総会を開催し、その中でマカンEVの発売が2022年になることを明らかにしました。

つまり次期マカンは2022年にフルモデルチェンジされ、ラインナップはEVのみとなります。
ICE(内燃機関)を搭載したモデルは用意されませんが、その代わり現行型マカンが少なくとも3年間は併売されるようです。

今回はマカンEVについてこれまでに判明している情報をまとめてみました。


マカンEV(新型マカン)の最新情報

エクステリア

外観のデザインは、これまでのマカンとは全く異なるモデルになるようです。
現行型のマカンは、SUVということでそれほど空力を重視したモデルではありませんでしたが、新型は空力性能の向上にかなり力を入れています。

エンジンが無い分、ノーズを短くできることをポルシェの関係者も認めているので、マカンEVはジャガー I-PACEのように、ボンネットが短いキャブフォワードなデザインになるかもしれません。

Jaguar I-PACE 2019 side
ジャガー I-PACE(2019年モデル)

目次に戻る

シャシー

マカンEVのプラットフォームには、ポルシェとアウディが共同開発したPPE(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)が採用されます。
PPEはタイカンのJ1プラットフォームを改良したもので、アウディ e-tron GTにも使われる予定です。

バッテリー重量は600kgということで、運動性能への悪影響は避けられないでしょう。
しかしタイカンのように低重心であれば、重量の影響を軽減することができます。

Porsche Taycan Power Train
ポルシェ タイカンのシャシー。低重心を実現すべく、バッテリーが床下に敷き詰められている。

目次に戻る

パワートレイン

タイカンと同じく、マカンEVにも「ターボ」と呼ばれるグレードが用意されます。
過給器の無い新型マカンターボは、前後に搭載された強力な電動モーターにより、700ps・1016Nmを発生するそうです。

バッテリー容量や航続距離は不明ですが、タイカン並の航続距離(381~450km)は確保されるものと思われます。

目次に戻る

価格・発売日

Porsche Macan GTS 2020
ポルシェ マカンGTS(2020年モデル)

価格に関する情報はまだありませんが、ICEを搭載した現行マカンを併売するという戦略を採用したのは、おそらくマカンEV(新型マカン)が現行マカンよりも高価だからでしょう。
ちなみに現行マカンの日本価格は、711~1219万円となっています。

発売は当初2021年の予定でしたが、2022年後半にずれ込む模様です。
生産はライプツィヒ工場で行われます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath