モーガン P101 生産終了を記念する限定モデル

他メーカーの新車情報スリーホイラー, ライトウェイトスポーツカー

Morgan P101

モーガンといえばフロント2輪、リア1輪の「スリーホイラー」が有名ですが、そのスリーホイラーに限定モデルの「P101」が登場しました。

スリーホイラーは既に10年近く生産されている息の長いモデルで、これまでに2,500台以上が販売されたそうです。
しかしエンジンの型式認証が2021年で切れるため、スリーホイラーの生産も来年限りで終了します。
モーガンはいずれ復活させる計画のようですが、スリーホイラーの歴史に空白が生じるのは避けられないでしょう。P101は、その生産終了を記念するモデルです。

今回はモーガン P101の概要をご覧ください。


モーガン P101の概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Morgan P101 Front three quarter
モーガン P101

Morgan P101 Front
2.0リッター・Vツインエンジンをノーズに搭載している。

Morgan P101 Top
助手席にはコンポジットレジンのトノカバーが被せてあり、シングルシーター風の外観になっている。

Morgan P101 Tonneau cover
トノカバーを内側から見るとこんな感じ。半透明なので明るい。

Morgan P101 Rear three quarter
左側のエキゾーストは白のセラミックコーティングが施されている。右側は黒。

Morgan P101 exhaust
エキゾーストとサスペンションのクリアランスは結構ギリギリ。

Morgan P101 Wheel
空力に配慮したエアロディスクホイールを履く。

ボディカラー

印象的な4つのグラフィックが用意されています。

Morgan P101 Aviator
「The Aviator」は第2次大戦のイギリス軍戦闘機のノーズアートにインスパイアされたデザイン。

Morgan P101 Dazzleship
「The Dazzleship」は軍用車両のカモフラージュにインスパイアされたデザイン。

Morgan P101 Racecar
「The Race Car」は初期のスリーホイーラー・レーサーのカラーリングを参考にしたもの。

Morgan P101 Belly tank
「The Belly Tank」は、スリーホイラーの着想の元になったベリータンクレーサーをオマージュ。

ベリータンクというのは、戦闘機に付ける追加の燃料タンク(増槽)のことです。
第2次大戦後に大量の増槽が廃棄されたため、廃品利用でベリータンクをシャシーにしたレーサー(ベリータンクレーサー)が、好事家の手により数多く製作されました。
スリーホイラーは、そのベリータンクレーサーにインスピレーションを得て開発されたのだそうです。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはS&Sのモーターサイクル用Vツインエンジンで、排気量は2.0リッター、最高出力は69ps、最大トルクは129Nmです。
決して高出力ではありませんが、車重が585kgしかないので、0-100km/hは7秒という中々の加速性能を有しています。
最高速は185km/hです。

トランスミッションは5速マニュアルで、たったひとつの後輪を駆動します。

目次に戻る

価格・発売日

英国価格は45,000ポンドからです。

P101は既に生産が開始されていますが、生産台数はわずか33台に限定されています。
なので日本で手に入れるのは難しいかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath