BMW XM 革新的な技術、革新的すぎたデザイン……

BMWの新車情報

BMW XM

BMWXMを発表しました。M GmbHが手掛けた久々のオリジナルモデルであり、BMW M GmbH史上最もハイパワーなロードカーでもあります。そして、パワートレインはプラグインハイブリッドです。
技術の粋を集めた車ですが、エクステリアデザインは賛否両論どころか圧倒的に不評です。インテリアはラグジュアリーな雰囲気で良いんですけどね。

今回はBMW XMの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

BMW XMの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW XM Front corner
BMW XM

BMW XM Front
これでもかと強調されたキドニーグリル。BMWは「存在感を極めたエクステリアデザイン」だと主張しているが……

BMW XM Grill
キドニーグリルは周囲が光る仕組み。

BMW XM Side
クーペ風のルールラインを持つ。サイドウィンドウはスリムな形状だが、モールはそれよりも一回り大きい。

BMW XM Wheel
ホイールは21インチが標準。22および23インチも用意されている。

BMW XM Front top
長いボンネットには2つのパワーバルジが設けられており、キドニーグリルにつながっている。

BMW XM Rear
サイドウィンドウがスリムなので、リアウィンドウが妙にデカく見える。

BMW XM Rear
縦に並ぶクアッドエキゾーストはMモデル初。

BMW XM Taillight
テールライトはダークレンズ。リアフェンダーの張り出しがすごい。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 5,110
全幅(mm) 2,005
全高(mm) 1,755
ホイールベース(mm) 3,105
車重(kg) 2,710(DIN)

全長5mオーバーの巨体ですが、5人乗りです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW XM Interior
BMW XMのインテリア。ラグジュアリーな雰囲気だ。

BMW XM Shifter
ブルーとレッドのステッチがかっこいい。

BMW XM Console
センターコンソールはカーボン仕上げ。

BMW XM Door inner trim
ドア内張りも見るからに上質。オーディオはBowers & Wilkinsのようだ。

BMW XM Seats
シートはスポーティーなデザイン。ルーフライナーの模様がおしゃれ。

BMW XM Speaker
ヘッドレストのすぐ上にもスピーカーが装着されている。

BMW XM Luggage
ラゲッジスペースは両サイドがえぐられているので、ゴルフバッグを横積みしても余裕がありそうだ。

目次に戻る

シャシー

サスペンション形式はフロントがダブルウィッシュボーン、リアが5リンクです。
そしてMモデルとしては初めて、インテグラルアクティブステアリング(前後輪統合制御ステアリングシステム)を装備しています。
また、アクティブロールスタビライザーやアクティブロールコントロールを含むアダプティブMサスペンションも標準装備です。

ブレーキはM Sportブレーキ(フロント:6ピストン, リア:1ピストン)を装備。
ホイールは21インチが標準ですが、22インチまたは23インチも用意されています。21インチ仕様のタイヤサイズはフロント275/45、リア315/40です。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは4.4リッター・V型8気筒ガソリンツインターボです。エンジンの最高出力は489ps、最大トルクは650Nmとなっています。
搭載される電気モーターは1つだけで、最高出力は197ps、最大トルクは280Nmですが、プリギアリングステージにより、トランスミッションに入力されるトルクは最大450Nmに増幅されます。
そしてシステムの総出力は653ps、総トルクは800Nmとなっています。
駆動方式は全輪駆動のM xDriveです。

また、XM Label Redというハイパフォーマンスモデルが、後に追加されると言われています。こちらは745ps・997Nmを発生するそうです。

リチウムイオンバッテリーの容量は29.5kWhですが、使用できるのは25.7kWh分のみ。EV航続距離は82~88km(WLTP)となっています。

パフォーマンスは、0-100km/hが4.3秒、最高速は270km/h(Mドライバーズパッケージ装着車)です。車重が2.7トンあることを考えると、この加速性能は驚異的といえます。

目次に戻る

価格・発売日

価格は159,000ドルです。XM Label Redは185,000ドルからとなっています。

米国では2022年12月に生産が開始されるそうなので、デリバリーは2023年になるでしょう。
BMWは主要な販売市場として米国、中国、中東を挙げており、日本に導入されるかは不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク