クラシックMINIをEVにコンバージョン

チューニング

Mini Recharged Heritage

Recharged Heritageという会社が、クラシックなMINIのEVコンバージョンを開発しました。
ちなみにRecharged Heritageは、本家MINI社とパートナーシップを結んでいます。

今回はEVに変身したMINIの概要をご覧ください。


スポンサーリンク

MINI Recharged Heritageの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mini Recharged Heritage Front
EVにコンバージョンされたMINI

Mini Recharged Heritage Front top
車体サイズは変更されていない。

Mini Recharged Heritage Rear
ボクシーな2ボックススタイルが醸し出す魅力は、今も色あせない。

Mini Recharged Heritage Taillight
テールランプが少し飛び出ているのが面白い。

目次に戻る

インテリア

Mini Recharged Heritage Interior
内装はリフレッシュされている。

Mini Recharged Heritage Meter
メーターは新しいものに変更されている。右側は残り航続距離を表示している。

Mini Recharged Heritage Switch
スイッチ類はクラシカルな趣き。

Mini Recharged Heritage Steering wheel
スイッチが1つもないステアリングが逆に新鮮に感じる。エアバッグは無さそうだ。

Mini Recharged Heritage Floor mat
MINI SPORTのフロアマット。同社はクラシックMINIの専門家だ。

Mini Recharged Heritage Front seats
タータンチェックのシートがおしゃれ。パワーウインドウは装備されていない。

Mini Recharged Heritage Rear seats
後席にも一応人が乗れるのがMINIの良いところ。

目次に戻る

パワートレイン

Mini Recharged Heritage Bonnet

電気モーターには3つの仕様が用意されています。
「Pure」は最もベーシックなモデルで、56kW(76ps)・125Nmを発生します。0-100km/hは11.5秒、最高速は145km/hです。

「Sport」は72kW(98ps)・150Nmを発生するグレードで、スポーツモードへの切り替えが可能となっています。サスペンションもスポーティーなセッティングです。0-100km/hは8.5秒、最高速は145km/hです。

「Bespoke」は74kW(100ps)・175Nmを発生する最上級モデルです。最高速は公表されていませんが、0-100km/hは6秒以下だとアナウンスされています。

Mini Recharged Heritage Luggage

いずれのグレードでも、バッテリーは同じです。容量19kWhのリチウムイオン電池を搭載しており、航続距離は166kmとなっています。
6.6kWの充電器を搭載しており、7kWのウォールボックスを使えば3時間、家庭用コンセントならば9時間でフルチャージ可能です。

Mini Recharged Heritage Charge port

目次に戻る

価格・発売日

ドナー車を顧客が持ち込む場合は、42,500ポンドでEVにコンバージョンできます。
ドナー車が無い場合は62,500ポンドの資金が必要です。

Recharged Heritageでは、2023年配送分の予約を既に開始しています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

スポンサーリンク