F1 モータースポーツ

メルセデスAMG W07は正常進化でタイトル防衛を狙う

sponsored link

メルセデスAMG_w07_外観

ディフェンディング・チャンピオンであるメルセデスAMGの新型マシン「W07」が公開されました。昨年のマシンから外観上の大幅な変更はなく、正常進化モデルといえそうです。

sponsored link

目次
  1. 横からの比較
  2. 前からの比較

横からの比較

メルセデスAMG_w06-w07_サイド比較

上から見た画像が公開されなかったので、リアの絞り込みがどの程度かは不明のままです。明るさ補正したので画像が白っぽくなってますがご了承ください。

横から見た画像で昨年型と比較すると、サイドポッドがより直線的なデザインになっているのがわかります。コックピットサイドのプロテクターも高くなっていますが、こちらはレギュレーションの変更によるものなので全車差はありません。

フェラーリも直線的なデザインのサイドポッドに変えてきましたし、トレンドとしては上下の空気の流れをハッキリ分ける傾向にあるようです。

マクラーレンはトレンドから遅れているのか、それともあえてトレンドを無視しているのか、ちょっと気になりますね。

目次に戻る

前からの比較

カメラの俯角が異なる画像ですが、フロント周りのデザインを比較するのに不都合は無いと思います。

メルセデスAMG_w06_フロント
メルセデスAMG W06
メルセデスAMG_w07_フロント
メルセデスAMG W07

大きな変更点はありません。ドライバー頭上のエアインテーク形状と、リアウィングの上端が少し変化しただけです。

メルセデスAMG_w07_ノーズ

フロントウイングステーも昨年型と変わらず、ステーの前端だけでウイングを支える構造です。ノーズ先端の形状ゆえにロングノーズに見えますが、実際はギリギリまでノーズの先端を後退させてあります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, モータースポーツ
Tag:

戻る