トヨタの新車情報 新車情報

トヨタ次期スープラ 新型のデザインは80の後継車そのもの! 最新情報・画像・スペックまとめ【3/18更新】

2017/03/22

トヨタ・スープラの新たなスパイショットが公開されました。
これまでのものよりかなり接近して撮影された画像なので、ディテールがわかりやすいと思います。

更新情報

最新のスパイショットを追加し、ページ全体の構成を見直しました。(2017/03/18)

sponsored link

新型スープラの最新スパイショット(3月18日更新)

ヘッドライトのデザインは、JZA80のオマージュなのだろうか。
撮影場所はドイツのガソリンスタンドらしい。
かなりのロングノーズ。トヨタ車らしくないキャビンの小ささ。
ホイールとキャリパーのクリアランスがほとんど無い。
大口径マフラーが目を引く。フェンダーの張り出しはかなり大きい。

画像の出典: motor1.com

目次に戻る

新型スープラの概要

BMWとの共同開発により、BMW Z5の姉妹車になる予定です。

BMW Z5(開発車両)

しかしBMW Z5はノッチバック(トランク部分が突き出ているデザイン)なので、印象が明らかに異なります。Z5に関しては以下の記事をご覧ください。

次期スープラの姉妹車はBMW "Z5"になるらしい

エンジン

ハイブリッドになると言われていますが、正式には発表されていません。
開発車両を撮影した動画を見ると、低速走行時にエンジン音が聞こえないことがあるので、ハイブリッドになる可能性はかなり高いと思います。

エンジンは新開発のV6ツインターボになるとか、BMWの直6が搭載されるだとか言われていますが、情報が錯綜しており、正確なことはわかっていません。

シャシー

カーボンモノコックが採用されるとの噂があります。たしかに最近のBMWはカーボンの使用に積極的で、7シリーズには「カーボンコア」と呼ばれる技術が採用されました。

bmw-carbon-core
カーボンとアルミやスチールを組み合わせてある

画像の出典: bmwblog.com

しかし新型5シリーズ(G30)にカーボンコアは採用されませんでした。よって新型スープラ/Z5への採用は望み薄でしょう。

とはいえG30はカーボンを用いること無く100kgもの軽量化を果たしていますから、新型スープラも軽量ボディで登場する可能性が高いです。駆動方式はもちろんFR。価格は過去のスープラよりもかなり高くなりそうです。

以前スープラの噂を検証した記事を書いたのですが、最新の情報に照らし合わせるとかなり外れてます(汗)。筆者の恥ずかしい過去記事をご覧になりたい方は以下のリンクへどうぞ。

次期スープラにまつわる9つの噂

目次に戻る

新型スープラの最新画像をFT-1コンセプトを比較

toyota-supra-2018-spyshot-20161128-right-front
以前撮影されたスパイショットよりも、バンパーの開口部が拡大されている。
toyota-ft-1-concept-2014-right-front
2014年に発表されたFT-1コンセプト。
toyota-supra-2018-spyshot-20161128-side
FT-1コンセプトよりもホイールベースが短く、オーバーハングが長い。
toyota-ft-1-concept-2014-side
ホイールベースが長い分、新型スープラのようにずんぐりした感じがない。
toyota-supra-2018-spyshot-20161128-right-rear
リアフェンダーからCピラーにかけての膨らみは何だろう?
toyota-ft-1-concept-2014-right-rear
Cピラーとリアフェンダーの明確な隔たりが、ワイド感を強調している。
toyota-supra-2018-spyshot-20161128-rear
ダブルバブルルーフが目立つ。テールランプは市販車仕様になったようだ。
toyota-ft-1-concept-2014-rear
このリアディフューザーを市販車で再現するのは難しいか。

目次に戻る

新型スープラの動画

2018-2019 Toyota Supra (MKV) Spotted at BMW M Test Center Nurburgring
Details/discussions @
2018-2019 Toyota Supra (MKV) Spotted at BMW M Test Center Nurburgring

新型スープラの動く姿を捉えた、初めての動画となります。

動画を見るとわかりますが、音が静かです。でもハイブリッドという感じではありません。あまりにもジェントルな音なので、海外サイトのコメント欄には「オレのオヤジが乗ってるセダンみたいな音だ……orz(注: 意訳)」という書き込みがあったほどです。

とはいえスポーツカーらしい鋭い加速を見せるシーンもあるので、パワー等の性能が低いということはないでしょう。段差を乗り越える際にチューニングカーみたいな動きをしているので、足回りはかなり硬そうですね。

余談ですが、開発はBMWの拠点を間借りして行われているようです。

ニュルブルクリンクでのテスト風景

New Toyota Supra out for a test drive
We catch a glimpse of the Toyota's soon to be resurrected Supra clad in camouflage testing on and around Germany's Nürburgring. For more Supra news and photos visit:
New Toyota Supra out for a test drive

やっぱり音が静かすぎますね。サーキットでの全開加速なのに、全然迫力がありません。何とかしてほしいなあ。

2018 Toyota Supra Spy Video
Licensed by
2018 Toyota Supra Spy Video

最新の動画を見ると、ハイブリッドっぽい加速をしているのがわかります。エンジン回転数が上がりきってなくても、車体だけはグングン加速していく感じです。

2018 Toyota Supra Testing on the Nurburgring!
This time I have filmed the all new 2018 Toyota Supra that is testing on the Nurburgring for the first time! It will get a inline 6-engine (Hybrid) that will produce around the 400HP. Feel free to hit the 'thumbs up' button if you like the video! Make sure that you follow me on YouTube and subscribe to my supercar channel for the latest videos! BE SURE AND WATCH THIS VIDEO IN 1080p HD 50FPS QUALITY! Facebook:
2018 Toyota Supra Testing on the Nurburgring!

目次に戻る

トヨタ・スープラとは?

セリカXXの「XX」が、アメリカでは成人映画のレーティングを意味することから、代替名称として名づけられたのが「スープラ」でした。

toyota-celica-xx
2代目のA60型セリカXX

画像の出典: By Lewis Collard

3代目のA70型からは、セリカとは別の車種として独り立ちします。当初はGTカー的なキャラクターで、ハイウェイをゆったりと流すような車でした。

toyota-supra-a70-2

画像の出典: By IFCAR

しかし70スープラは徐々に本格的なスポーツカーへと変貌していきます。1988年にはグループAレース用ホモロゲーションモデルが登場、90年には1JZ-GTEエンジン搭載の「2.5GTツインターボ」が追加され、当時の自主規制上限である280psに到達。日本を代表するハイパフォーマンスカーとしての地位を確立しました。

minolta-toyota-toms-supra-ma70
ミノルタ・トヨタ・トムス・スープラ

画像の出典: tentenths.com

80スープラは70のスポーツカー路線を受け継いで登場します。70よりも全長とホイールベースが切り詰められ、全幅はワイドに。高剛性ボディ、2JZ-GTEエンジン、ゲトラグ製6MT(6速MTは日本初採用だった)など、FRスポーツカーとして当時考えうる最高のものが全てが盛り込まれた、野心的な車でした。

toyota-supra-1996
JZA80スープラ

画像の出典: netcarshow.com

castrol-toms-supra-1997
グッドウッドを疾走するカストロール・トムス・スープラ

画像の出典: rideonboard.net

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしければ以下の関連記事もご覧ください。

sponsored link

Category: トヨタの新車情報, 新車情報
Tag: , ,

戻る