他メーカーの新車情報 新車情報

マーチ危うし!? 新型フォード・フィエスタ発表!【12/1更新】

sponsored link

2016/12/02

ford-fiesta-7th-gen-eyecatch

フォードが新型フィエスタを発表しました。
「フォードなんて日本から撤退するだろ!」との指摘もあるかと思いますが、コンパクトカーのグローバルスタンダードとして、知っておいて損はない車です。
以下で概要をご確認ください。

更新情報

グレード分け、ボディサイズ、エンジンパワーと燃費の詳細を追加しました。

sponsored link

新型フォード・フィエスタとは?

ford-fiesta-st-drive

フォードのラインナップの中では、Kaに次いでコンパクトな車種です。
ヨーロッパ・フォードの主力モデルでもあります。

新型は7世代目のフィエスタとなります。
フォードのグローバルBプラットフォームを、先代モデルから引き続き使用しています。
これはコスト削減を主眼に置いたためですが、それでもねじり剛性は15%向上しているとのことです。
アクティブトルクベクタリングも装備され、コーナリング時のグリップは10%アップ。
ステアリング周りのフリクションも20%減り、より正確に路面のフィールを感じ取れるようになりました。

プラットフォームをキャリーオーバーして浮いたコストは、インテリアの質感向上、最新のインフォテイメント、安全装備の充実などに注がれています。これらは
新型マーチなどのライバルへの対抗策です。

目次に戻る

新型フィエスタのグレード

ford-fiesta-st
スポーティな位置づけのST
ford-fiesta-active
SUVテイストのActive
ford-fiesta-vignale
ラグジュアリーなVignale(ヴィニャーレ)
ford-fiesta-titanium
スタイリッシュなTitanium(タイタニウム)

新型フィエスタのエクステリア

エクステリアはキープコンセプトですが、先代モデルよりもエッジが丸められています。
車体のサイズはまだアナウンスされていません。発表され次第この項目に追記します。

12月1日追記

新型フィエスタ・5ドア車のサイズは、全長4040mm全幅1734mmホイールベース2493mmだそうです。
全長は71mmストレッチされましたが、他はわずかな拡大に留まっています。全高の正確な数値はまだ不明なものの、15〜20mm程度高くなると見られています。

ford-fiesta-7th-gen-front
新型フィエスタ
ford-fiesta-6th-gen-front
先代(6世代目)フィエスタ
ford-fiesta-7th-gen-side
クロスオーバーSUV風の「Active」グレード。三角窓の大きさに注目。
ford-fiesta-6th-gen-side
ウエストラインのキックアップが新型とはかなり違う。
ford-fiesta-7th-gen-rear
新型は水平基調のテールランプになった。
ford-fiesta-6th-gen-rear
先代フィエスタは縦型テールランプ。

目次に戻る

新型フィエスタのインテリア

ford-fiesta-7th-gen-interior

大きく改善されたのがインテリアです。
センターコンソールのタッチスクリーンは、このクラスでは最大となる8インチモニター(新型マーチは7インチ)
操作系統をこのディスプレイに統合したことで、物理ボタンを20個も減らすことができたそうです。

タッチスクリーンにはフォードのSYNC3というインフォテイメントシステムが搭載されています。
スマートフォンとの連携や、サテライトナビやオーディオを操作可能です。

オプションでボイスコントロール機能や、バング・アンド・オルフセン(出力675W)の10スピーカー・サウンドシステムも装着できます。

でもそれ以上に目を見張るのは、インテリアの質感です。
参考画像として先代のインテリアを張っておきますが、明らかに質感が異なります

ford-fiesta-7th-gen-instrumental-panel
新型のダッシュボードはシボが施されており、モニタ周りもピアノブラック。
ford-fiesta-6th-gen-interior
先代のダッシュボード上部はシボ無しでプラスチッキーだ。

デミオ新型マーチも同様ですが、もはやこのクラス(Bセグメント)でも、ソフトパッド多用は当たり前になりつつあるようです。

パノラミックルーフも用意されるなど、新型フィエスタはクラスレスな価値を前面に押し出しています。

目次に戻る

新型フィエスタの安全装備

衝突回避支援システムが搭載されました。
2つのカメラ、3つのレーダー、そして12の超音波センサーによって、130m先の前走車をも捕捉し、ドライバーがアクションを起こさない場合には自動でブレーキをかけることで、衝突を未然に回避します。

他にもブラインドスポットインフォメーション(死角検知)や、レーンキーピングアシスト、クロストラフィックアラート(後退中の左右検知)、アクティブ・パークアシスト(自動駐車)などが追加されました。
このクラスの車としては、最高水準の安全装備が搭載されていると言えます。

目次に戻る

新型フィエスタのエンジン

直列3気筒のエコブーストが主力となります。
1.0L直噴ガソリンターボは、100ps、125ps、140psの3種類で、燃費は24.4km/Lです。エコブーストに気筒休止技術が導入され、燃費が大きく向上したようですね。

直列3気筒の自然吸気も用意されます。
1.1LのNAエンジンは、70psと85psの2本立て。燃費は23km/Lです。

ディーゼルはパワーアップしたTDCiが搭載されます。
1.5Lディーゼルターボは86psと120psの2種類、燃費は28.3km/Lです。

ギアボックスは6速のマニュアルが用意されます。オートマチックが何速になるかはわかっていません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報, 新車情報
Tag:

戻る