VWの新車情報 新車情報

7シーターのティグアン・オールスペース、公道に現る

2017/04/11

フォルクスワーゲン(VW)のSUVであるティグアンに、7人乗り仕様のティグアン・オールスペースが追加されるようです。

市販されれば日産・エクストレイルスバル・VIZIV-7のライバルとなる新型7シーターSUVですが、驚くべきことにVWは、ティグアンのクーペSUVバージョンなど、SUVファミリーをさらに拡大していくと公式に認めています。

なぜVWが「SUV推し」に走ったのか? その背景を探ると、とある日系メーカーに行き着きました。

sponsored link

VW・ティグアン・オールスペースとは?

画像の出典: carscoops.com

ティグアン・オールスペースは欧州向けの車種です。
ティグアンのホイールベースを11cm延長し、3列目の座席を追加した7人乗りのSUVとなります。
エクストレイルと似たような車種だと考えればいいでしょう。

でも5人乗りのティグアンを、単純にストレッチしただけの車種ではありません。
5人乗りはMQB(ゴルフと同じもの)、7人乗りはMQB A2と、プラットフォームからして異なるのです。

7人乗りのティグアン・オールスペースのサイド。

画像の出典: carscoops.com

こちらは5人乗りのレギュラー・ティグアン。リアドアのサイズが明らかに異なる。

もちろんMQBはモジュラープラットフォームですから、共通する部品は数多くあるでしょう。
しかし大型化したボディサイズに合わせて、ベース車両とは別のプラットフォームを用意するあたりに、VWがこの車にかける情熱が伝わってきます。
ちなみにMQB A2は、次期Q3にも採用されるそうです。

エンジン等のパワートレインは、基本的に現行のレギュラー・ティグアンと同じものになります。
すなわち1.4リッターと2.0リッターのTSIか、2.0リッターのTDI(ディーゼル)となるわけですが、排ガス不正のスキャンダルにより、VWのディーゼルに対する風当たりはいまだ強いままです。

そこでティグアン・オールスペースには、ハイブリッド・バージョンが用意されると見られています。
48Vのマイルドハイブリッドなのか、それともストロングハイブリッドやPHVなのかは不明ですが、何らかの形でパワートレインの電動化が図られるのは確実です。

目次に戻る

VWがSUV推しに至った理由

背景にSUVブームがあることは明白ですが、VWがSUV推しに至った理由はそれだけではありません。実はVWはマツダの成功にあやかろうとしているのです。

VWは売上の40%近くを、中国市場から得ています
その中国市場で大きく業績を伸ばしているのがマツダです。

マツダが中国市場に投入したCX-4は、中国においてカーデザイン・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど、非常に評価が高い車種です。
CX-4は、やはり人気のあるCX-5をベースに、スタイリッシュなクーペSUVに仕立て直したモデルですが、それが中国でウケているわけですね。

そこでVWはティグアン派生モデル「ティグアン・クーペ」を展開しようとしています。
マツダに続く2匹目のドジョウを狙っているわけですね。

他にも、SUVの「Tシリーズ」が、続々と投入される予定です。

中国市場に投入される「テラモント(欧州名:アトラス)」
ゴルフベースのクーペSUV「T-ROCコンセプト」も、市販化の噂があるモデルだ。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: VWの新車情報, 新車情報
Tag: ,

戻る