Audiの新車情報 新車情報

アウディ新型Q3 フルモデルチェンジで流麗なSUVに生まれ変わる【10/10更新】

更新日:

アウディ・Q3のフルモデルチェンジが迫っているようです。
2代目となるQ3はスタイリッシュなSUVに進化し、BMW X1を追撃します。

このページでは新型Q3の、現在明らかになっている内容についてまとめました。
今後も新事実が判明次第、随時追記していきます。

更新情報

スパイショットに最新の画像、シャシーとボディサイズの項目に車重に関する情報、そしてEV仕様に関する情報を追加しました。(2017/10/10)

スパイショットの項目を追加し、シャシーとボディサイズの項目を更新しました。(2017/08/11)

sponsored link


新型Q3のスパイショット

最新のスパイショット

最新のスパイショットでは、屋根の擬装が剥がされている。
ボンネットが低い。ベースグレードなのか、ホイール径は小さめだ。
全長が長くなると言われているが、見た目にはコンパクトだ。
マフラーフィニッシャーなどは見当たらない。

画像の出典: autoguide.com

開発初期のスパイショット

フロント周りは最新のA4と似たものになるだろう。
ボンネットの位置が高く感じる。
リアウィンドウの傾斜がすごい。
トヨタ・C-HRや、ジャガー・I-PACEのようなデザイン。この傾斜っぷりが、最近のトレンドだ。

目次に戻る

新型Q3のエクステリア

2014年に発表されたアウディ・TTオフロードコンセプトがモチーフにされると言われています。
スパイショットを見るかぎり、クーペ風のルーフラインを持つSUVになるのは確実です。

アウディ・TTオフロードコンセプト

画像の出典: netcarshow.com

新型Q3の予想CG

Motor1.comの予想CG

画像の出典: motor1.com

Auto Bildの予想CG

画像の出典: AUTO BILD via youtube

Auto Expressの予想CG

画像の出典: autoexpress.co.uk

Auto Bildの予想CGは、実際のデザインにかなり近いと思われます。というのも、Auto Bild紙はアウディのインサイダーから情報を得ており、新型Q3のスペックに関しても、正確な情報を掴んでいるからです。

目次に戻る

新型Q3のシャシーとボディサイズ

新型Q3は後席のスペースを広げるべく、ボディサイズが拡大されます。

寸法(mm) 新型Q3 現行Q3 新旧の差
全長 4460 4400 +60
全幅 1880 1830 +50
全高 不明 1595 ?
ホイールベース 2655 2605 +50

新型Q3はBMW X1(全長4430mm)よりもやや大きく、
新型CX-5よりはショート(だけど新型Q3の方がワイド)な車になりそうですね。
アウディQ2が発売されたため、新型Q3はワンサイズ上の車に移行するのでしょう。

シャシーはMQBプラットフォームに変更され、ゴルフ7と同じモジュラープラットフォームとなります。

MQBの採用により、新型Q3の車重は50kgほど軽くなるようです。
燃費の向上はもちろん、運動性能にも期待できそうですね。

モジュラープラットフォームを採用する最大の利点はコスト削減と、格上の車の技術(いわゆるビッグカー・テクノロジー)を流用しやすくなることです。
新型Q3のコクピット周りは、アウディQ5と同様のデザインになると言われています。
すなわちアウディ・バーチャルコクピットが採用されるわけです。

アウディQ5(2016)のバーチャルコクピット

目次に戻る

新型Q3のエンジン

新型Q3には、1.0 TFSI・直列3気筒・直噴ターボが採用される見込みです。
アウディ・A1に搭載されているエンジンですが、パワーは95ps(A1仕様の数値)しかありません。
よって2代目となる新型Q3は、初代Q3の車重1610kgから大幅に軽量化されるか、もしくは1.0TFSIがパワーアップされるか、あるいはその両方の施策が取られることでしょう。

新型Q3に搭載される他のエンジンは、1.4 TDI2.0TFSI(220psか252ps)2.5TFSIなどです。

新型Q3 e-tron

PHV「e-tron」も用意されます。
主に中国向けのモデルになるそうで、2.5TFSIを搭載したPHVが2種類用意されるとAuto Bildは主張しています。

一方Auto Expressは、ティグアンと同じパワートレイン(1.4 TFSI+モーター)を搭載するとみており、燃費は58km/Lになるとのことです

EVバージョンの用意される?

BEV(Battery EV, 普通の電気自動車のこと)もラインナップされる予定です。
Q3 EV(多分こちらもe-tronと呼ばれることになる。ややこしい)は、35.8kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離は300kmになると言われています。

新型RS Q3

2.5リッター・直列5気筒ガソリンターボは、新型SQ3で340ps新型RS Q3では400psの大台に乗ります。
かなりスポーティーな走りが期待できそうですね。

目次に戻る

新型Q3の発売時期

ワールドプレミアは2017年9月のフランクフルト・モーターショーを予定しています。

現行型Q3が登場したのは2011年4月。近年のモデルサイクルは6年が相場ですから、丸7年が経過する前には新型Q3が発売されるはずです。
よって発売時期は2018年初頭くらいではないでしょうか。

フランクフルトでは発表されませんでした。
発売も2018年中頃〜後半にずれ込みそうです。

PHVのe-tronは、新型Q3の発売から12ヶ月以内に市場に投入されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-Audiの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.