Aston Martinの新車情報 新車情報

アストンマーチン・ラピードがV12を廃止! EVに生まれ変わる!

更新日:

アストンマーチンの4ドアクーペ「ラピードS」が、なんとV12を廃止して電気自動車(EV)になるとの仰天情報が飛び込んできました。

今回はEV版の「ラピードE」について、概要をお伝えします。

sponsored link


ラピードEの概要

ラピードは2010年に登場した4ドアクーペで、これまでは4.0リッター・V型12気筒・自然吸気を搭載してきました。
ラピードのAMRバージョンでは、このV12が600psにまでスープアップされています。

しかしラピードのV12は、DB11に搭載されているメルセデス・ベンツ製のV12ツインターボとは異なり、将来の排ガス規制に対応していません。

しかしアストンマーチンは、ラピードにV12ツインターボを搭載するのではなく、EVに切り替えるという決断を下しました。
ラピードが2020年までにラゴンダ・セダンクロスオーバーSUVのDBXに置き換わること決定しており、開発費をかけられないために、かつてコンセプトカーを試作したことがあるEV版ラピードを引っ張り出してきたのだと思われます。

EVコンセプト「RapidE」

2015年に発表されたEV版ラピード「RapidE」は、F1のウィリアムズが開発した電動パワートレインを搭載していました。

RapidEのパワーは800ps、航続距離は320kmというスペックだったので、市販されるラピードEも、それに匹敵する性能になるはずです。

目次に戻る

ラピードEの発売時期

アストンマーチンのCEOであるアンディ・パーマー氏によると、ラピードEの発売は2018年を予定しているとのことです。

実は先述のコンセプト「RapidE」の開発費の一部は中国資本が負担しており、市販バージョンのラピードEも、中国のLeEcoEVベンチャーのファラデーにも投資している)とのジョイントで開発されます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-Aston Martinの新車情報, 新車情報
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.