VWの新車情報 新車情報

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「T-Roc」に、なんとカブリオレ追加!?

更新日:

フォルクスワーゲン(VW)T-Rocは、ゴルフ7.5をベースとするコンパクトSUV「T-ROC」です。
2017年8月にワールドプレミアされました。

そのT-Rocに、なんとカブリオレが追加されることが明らかになりました。
開発車両が既に公道でテストを行っているので、発売は時間の問題でしょう。

VWはフルモデルチェンジする新型トゥアレグティグアン・オールスペースポロベースのサブコンパクトSUV「T-Cross」も開発するなど、SUVのラインナップを拡充すべく躍起になっています。

T-Rocは、日本で使うにはジャストなボディサイズ(全長4,234mm、全幅1,819mm、全高1,573mm)なので、早期の日本導入が待ち望まれていますが、流石にカブリオレはあまり売れないでしょうね。

このページではT-Rocについて現在判明している情報をまとめています。

更新情報

ティザー画像と古いスパイショットを削除し、T-Roc カブリオレのスパイショットを追加しました。また、ページ内の記述を最新の情報に更新しました。(2018/10/09)

正式発表されたエクステリア画像インテリア画像を追加し、エンジン価格の情報を更新しました。(2017/08/24)

エクステリアのティザー画像と、インテリアのティザー画像を追加しました。(2017/08/18)

エンジンの情報と、デビューの日付を更新しました。(2017/08/03)

T-ROCのスパイショットを追加し、エンジン価格に関する情報を更新しました。(2017/04/11)


エクステリア

T-Rocカブリオレ

カブリオレの開発車両。前から見ると普通だが……


屋根がファブリックルーフに置き換わっている。


2ドアのクーペSUVというべきフォルムだ。


リアにはわずかだがノッチがあるので、トランクは独立しているのかもしれない。


面白い車だが、果たして売れるのだろうか?


SUVをオープンカーにしてしまおうという試みは、これが初めてというわけではありません。
日産・ムラーノ クロスカブリオレというコンセプトカーもありましたし、ヒュンダイ・サンタフェのコンバーチブルが製作されたこともありました。
レンジローバー・イヴォーク コンバーチブルに至っては市販されています。

欧州の自動車情勢は複雑怪奇。

しかしT-Rocのような経済性が重視されるセグメントにおいて、SUVのオープンカーが受け入れられるかはわかりません。
このクラスだとそもそもクーペSUVですら存在しませんから、かなりチャレンジングな1台だと言えるでしょう。
筆者としてはVWのチャレンジを応援したいですね。

T-Roc

VW T-Roc


アルテオンから導入された新デザイン言語の影響を受けている。


軽やかなイメージの都会派SUVだ。


最新のデザイン言語では、VWバッジの下に車名が記されている。


T-Rocコンセプト

2014年に発表されたT-Rocコンセプト
コンセプトでは2ドアだが、市販バージョンは4ドアになるだろう。
リア周りの意匠は新型ポロっぽく変更されるかも。

目次に戻る

T-ROCのボディサイズ

各部寸法(mm)
全長 4,234
全幅(ドアミラー含む) 1,819
全高 1,573
ホイールベース 2,603

出典: volkswagen.co.uk

車重はガソリン車が1,270kg、ディーゼル車が1,395kgとなっています。

サイズ的にはホンダ・ヴェゼルトヨタ・C-HRマツダ・CX-3などとほぼ同じサイズですから、T-Rocは日本で使うならベストサイズのSUVと言えるでしょう。

また、アウディ・Q2と同じく、ホイールベースは約2.6mという長さです。
よって後席の広さにも期待できます。

目次に戻る

インテリア

T-Rocのインテリア。


液晶メーターのアクティブ・インフォ・ディスプレイも用意されている。


アクティブ・インフォ・ディスプレイは、表示内容を任意に切り替えることが可能。


Beatsのオーディオはオプション。


5名乗車時のラゲッジ容量は445リッター。


後席を倒せば1290リッターまで拡大できる。


T-Rocコンセプトのインテリア

T-ROCコンセプトのインテリア
コンセプトは2ドアなので後席が狭いが、ロングホイールベースの市販仕様は十分な広さとなるはず。

目次に戻る

エンジン

排気量(L) 燃料 出力(ps) トルク(Nm)
1.0 ガソリン 115 200
1.5 150 250
2.0 190 320
1.6 ディーゼル 115 250

出典: volkswagen.co.uk

エントリーグレードには、1.0リッター・直列3気筒が搭載されます。
115psを発生する直噴ガソリンターボです。

主力となるのは1.5リッター・直列4気筒の「TSI Evo」となります。
ライトサイジング・コンセプトに基づく最新の直噴ガソリンターボエンジンで、パワーは150psです。

また、最もスポーティーなグレードには、190psの直噴ガソリンターボエンジンと、4WDの「4MOTION」が搭載されます。

ディーゼルのTDIは、今のところ1.6リッターだけです。
2.0リッターもラインナップされると言われていますが、どちらにしろ日本には導入されないでしょう。

ゴルフがベースということで、GTEのようなプラグインハイブリッドや、GTIやRのようなスポーティーグレードが追加される可能性が高いです。
ただしローンチ時点でのアナウンスはありませんでした。
また、48ボルトのマイルドハイブリッドシステムも搭載される予定です。

トランスミッションは7速DSGが基本となりますが、6速MTも用意されます。
ただし日本はAT比率が極端に高い国なので、MT仕様のT-ROCが導入されることはまずないでしょう。

T-Roc R

ゴルフなどと同様に、T-Rocにも「R」グレードが追加されるようです。
T-Roc Rの最新情報は別記事にまとめましたので、詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

VW T-Roc R 新型SUVに最速グレードの「R」が追加される! | 車知楽

目次に戻る

シャシー

MQBプラットフォームが用いられます。複数のモデル間でコンポーネントを共有し、多くの車種を低コストに開発できるこのモジュラー・プラットフォームの存在が無ければ、T-ROCという車自体が企画されていなかったかもしれません。

2.0リッター以外のエンジンに関してはFFのみです。
VWが誇る4WDシステム「4MOTION」は、今のところ上級グレードの「SEL」と「R-Line」のみで展開されています。

ちなみにティグアンの場合は、販売台数の70%が4MOTIONとなっているそうです。
T-Rocの4MOTIONを上級グレードだけに設定するのも、4WD人気に裏付けられた強気なマーケティングの表れでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

ヨーロッパ時間の8月23日(日本では8月24日早朝)に発表されました。
ヨーロッパでの発売は2017年末だと言われています。

ただしアメリカでは2019年まで発売されないのだとか。
アメリカ市場ではミッドサイズ以上のSUVが主流ですし、排ガス不正の影響もあるでしょう。

日本でも排ガス不正で販売が落ち込んでいるものの、それでも輸入車販売2位をキープしているので、日本導入は米国よりも早いはずです。
サイズ的には日本に最適なモデルなので、販売テコ入れにはベストな車種といえます。

volkswagen.co.ukによると、英国での販売価格は18,955~26,640ポンドです。
記事更新時点のレートだと1ポンド=148円なので、単純換算だと約280.5~394.3万円となります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-VWの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.