VWの新車情報 新車情報

VW新型ポロ(第6世代) フルモデルチェンジ後の画像・価格・ボディサイズ・スペックなど【11/2更新】

更新日:

第6世代となるフォルクスワーゲン・ポロが、ついにお披露目されました。
新型のボディサイズはゴルフ3とほぼ同じなものの、ホイールベースが長く、居住性やラゲッジスペース容量はゴルフ4並です。

それでは早速、新型ポロの中身を見ていきましょう。
まずはエクステリアの画像からどうぞ。

更新情報

ポロGTiポロRの噂についての項目を追加しました。(2017/11/02)

エンジンの情報を修正し、新しい画像を追加しました。(2017/08/29)

正式発表に伴い、古い情報を削除し、ページ内容を全面的に書き換えました。(2017/06/17)

エクステリアの項目に画像を追加しました。(2017/05/12)

エンジンの情報を追記しました。(2017/04/22)

sponsored link


エクステリア

ボディカラーは14色、ホイールは12色(14〜18インチ、ツートーンカラーで塗装されたもの)から選択できます。

ハイライン

ハイラインの新型ポロ。端正なルックスなので人気が出そうだ。
Aピラーはかなり傾斜しており、その分スポーティーな印象になっている。
リア周りはいたってプレーンなデザイン。

R-Line

スポーティーな装いの「R-Line」
ハイラインとは異なるデザインのフロントバンパーと、大径ホイールが装着されている。
サイドに関してはハイラインと変わらないようだ。
クロームのマフラーフィニッシャーに変更されている。

GTI

赤いラインでGTIだと一目でわかる。
大径ホイールから顔を覗かせるレッドキャリパーが、R-Lineとは違うところ。
リアスポのサイズは他グレードと変わらない。
GTIは片側2本出しマフラーだ。

目次に戻る

インテリア

新型ポロのラゲッジスペース容量は、5名乗車時で351リッターです。
ちなみに旧型の5代目ポロは280リッター、ゴルフ4は330リッターでした。
前席と後席のヘッドルーム(頭上空間)も、ゴルフ4より広くなっています。

オーディオには「Beats」の300Wサウンドシステムが用意されました。
また、「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」に続く第4のトリム「Beatsスペシャルエディション」も設定されています。

センターコンソールのモニタサイズは標準6.5インチ、最大で8インチです。
もちろんApple CarPlayAndroid Autoに対応しており、コネクティビティも充実しています。

ハイライン

ハイラインの内装
メーター類はデジタル・インストゥルメントに置き換わっている。
ハイラインおよびR-Lineには、beats by Dr.Dreの300Wオーディオが搭載される。

R-Line

R-Lineのインテリア。
センターコンソールのモニタは6.5インチが標準だが、写真のものは8インチだろう。

GTI

GTIのインテリア。
伝統のチェッカー柄は健在。
残念ながらマニュアル・トランスミッションは無さそうだ。

目次に戻る

ボディサイズ

主要諸元 新型ポロ 旧型ポロ
全長 4053 3972
全幅 1751 1682
全高 1446 1453
ホイールベース 2564 2470
トレッド幅(前) 1525 1463
トレッド幅(後) 1505 1456

ヨーロッパ仕様の数値。単位は全てmm。

目次に戻る

エンジン

燃料 排気量(L) 気筒数 過給器 馬力(ps)
ガソリン 1.0 3 無し 65
75
ターボ 95
115
1.5 4 150
2.0 200
ディーゼル 1.6 80
95
天然ガス 1.0 90

1.5リッターガソリンターボには気筒休止システムが搭載され、燃費が向上しています。
2.0リッターガソリンターボは、言うまでもなくGTI用のエンジンです。

新型ポロにはプラグインハイブリッドや、48Vシステムのマイルドハイブリッドが搭載される噂もありますが、今回の発表では触れられませんでした。

目次に戻る

プラットフォーム

新型ポロにはMQB A0プラットフォームが採用されています。

これによってパサート等の上級車種で使われている技術(ビッグ・カー・テクノロジーと呼ばれている)を、スムーズに転用できました。

たとえばアクティブ・インフォ・ディスプレイという名のデジタル・インストゥルメントは、ゴルフ7.5で採用された技術ですが、早くもポロに移植されています。
また、後述する安全装備の数々もビックカー・テクノロジーであり、ポロに搭載できたのはMQBプラットフォームの恩恵です。

目次に戻る

安全装備

  1. 歩行者検知対応シティ・エマージェンシーブレーキ
  2. フロントアシスト
  3. アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)
  4. ブラインドスポット・ディテクション
  5. タイヤ・プレッシャー・モニタリング

2はフォルクスワーゲンにおけるプリクラッシュブレーキの名称です。
3と4は上級グレードに限定されるようですが、コンパクトカーとしてはかなり充実した安全装備といえるでしょう。

目次に戻る

ポロGTi

第6世代のポロをベースにした新型ポロGTiは、ゴルフよりも短いホイールベースを活かした、俊敏で機動性に優れたハンドリングが魅力だと、VWは主張しています。

インテリア

エンジン

2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボは、200ps・320Nmを発生します。
先代のGTiは1.8リッターターボだったので、パワーアップも当然ですね。
1500〜6000rpmという広いレンジで最大トルクを発生するので、ドライバビリティには優れているはずです。

ギアボックスは6速DSGが標準装備され、6速マニュアルはオプションとなります。

0-100km/h加速は6.7秒(先代比−0.2秒)、最高速は237km/h(先代比+12km/h)です。

目次に戻る

シャシー

プラットフォームが更新されたことで、ねじり剛性が先代比で28%もアップしました。

足回りの変更点は、スタンダード・ポロと比べて車高15mmダウン・バネレートアップ(フロント+31%, リア+24%)のスポーツサスペンションと、径の太くなった前後スタビライザーとなっています。

また、フロント312φ(先代モデルは310φ)・リア270φ(同230φ)の巨大なブレーキローターは、軽くなった第6世代ポロを止めるには十分すぎるほどです。

FF特有のアンダーステアを抑えるXDSも装備されます。
XDSは加速時にフロント内輪の空転を検知すると、ブレーキをかけてトラクションを回復するシステムです。

タイヤは215/40サイズとなります。
17インチホイールが標準で、オプションで18インチホイールも選択可能です。

目次に戻る

価格・発売時期

英国での価格は20,000ポンドだと言われています。
1ポンド=150円換算だと300万円となりますが、日本ではもう少し高くなると思います。

発売時期は2018年初頭になりそうです。
日本ではそれよりも少し遅れるかもしれません。

この項目の画像の出典: autocar.co.uk

目次に戻る

ポロRの噂

第6世代のポロでは、初めて「R」が設定されるかもしれません。

Rはゴルフに設定されていますが、ポロはゴルフとMQBプラットフォームを共有しているため、ゴルフRの4WDシステムと、310psのエンジンを搭載することが可能なのです。

しかし、ともするとゴルフRと同レベルの速さとなってしまうため、まだ生産にゴーサインは出ていないと言われています。

ですが、SUVのT-ROCにもRが設定されるなど、Rブランドは拡大の兆しを見せています。
ポロRの実現可能性は、決して低くないはずです。

目次に戻る

新型ポロの派生車種

VWが2016年のジュネーブ・モーターショーで発表したT-Cross Breeze ConceptをベースとしたコンパクトSUVが、新型ポロの派生車種として登場予定です。

VW_T-Cross Breeze Concept_front

画像の出典: netcarshow.com

VW_T-Cross Breeze Concept_rear

画像の出典: netcarshow.com

コンセプトカーはオープンモデルですが、市販バージョンではハードトップも用意されると言われています。
詳しくはこちらをご覧ください

目次に戻る

価格・発売時期

ヨーロッパでは年末に発売されます。
VWはディーゼル不正事件以来、日本市場でのシェアを減らし続けているので、ヨーロッパと同時期に発売されるかは不明です。
もしかすると遅れるかもしれません。

本国ドイツでの価格は、12,975ユーロからとなっています。
1ユーロ=125円換算だと、約162万円です。
日本価格はもう少し高くなるでしょうが、車の内容からするとかなりリーズナブルだと思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-VWの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.