VWの新車情報 新車情報

VW T-Cross 新型ポロがベースのコンパクトSUV【8/10更新】

更新日:

フォルクスワーゲンが、新型ポロをベースにしたコンパクトSUV、「T-Cross」を開発しています。
デザインは以前発表したコンセプトカー「T-Cross Breeze」をベースとしたものになりそうです。

今回はVWの新型コンパクトSUVについて、現在判明している情報をお伝えします。

更新情報

ラゲッジスペースの項目を追加しました。(2018/08/10)

カモフラージュの少ない最新のスパイショットに差し替えました。(2018/08/03)

古いものを削除して最新のスパイショットに差し替え、ティザー画像を追加しました。(2018/07/05)

最新のスパイショットを追加しました。(2017/12/16)

予想CGスパイショットを追加しました。(2017/11/20)

エクステリアに画像を追加した他、最新情報に合わせて記事全体の記述を見直しました。(2017/05/10)


VW T-Crossの概要

コンセプトカーのT-Cross Breezeではオープンカーでしたが、市販バージョンでは固定屋根の一般的なSUVとなります。

T-Cross Breeze
ルーフ形状もクーペライクなものではなく、一般的なものになるはず。

ボディサイズはルノー・キャプチャーと同じくらいになりそうです。
ルノー・キャプチャーは全長4125mm*全幅1780mm*全高1585で、日本車だと日産・ジュークくらいの大きさとなります。

ルノー・キャプチャー

新型ポロはホイールベースが2560mmに拡大されたので、T-Crossの後席もある程度の広さが確保されるはずです。
ルノー・キャプチャーのホイールベースは2605mmもあるので、もしかするとT-Crossのホイールベースは、新型ポロからさらにストレッチされるかもしれません。

目次に戻る

T-Crossのエクステリア

予想CG

AutoExpressによる予想CG
AutoExpressによる予想CG

目次に戻る

ティザー画像

T-Crossのスケッチ。


ヘッドライトはコンセプトカーに近いものになりそうだ。


開発車両のスパイショットとは若干異なるような……


コンパクトで取り回しは良さそう。


リアフェンダーの張り出し感がかっこいい。


目次に戻る

T-Crossのインテリア

ラゲッジスペース

The all-new T-Cross: I am practical

5名乗車時のラゲッジスペース容量は、リアシート位置次第で385~455リッターとなります。
60:40の分割可倒式リアシートを倒せば、荷室を1281リッターまで拡大可能です。

このクラスのSUVで一番ラゲッジ容量が大きいのは、おそらくホンダ・ヴェゼル(5名乗車時393リッター)だと思うのですが、T-Crossはそれを上回るサイズを確保しています。

目次に戻る

スパイショット

T-Crossの開発車両


ほとんどカモフラージュされていない。


結構重量感のあるデザインだ。


ルーフラインを誤魔化す銀色のテープが貼られているが、実際のルーフは水平に近い。


テールゲートガラスの傾斜はほとんど無い。


テールランプは擬装されている。テールパイプ部分もテープが貼られているだけだ。


目次に戻る

T-Crossの動画

ニュルブルクリンクでの走行テスト

2018 Volkswagen Polo SUV / T-Cross spied testing at Nürburgring
テスト走行はかなりのハイペース。スポーティーなSUVになりそうだ。

ニュルブルクリンクで開発テストを行っている車両には、R-Lineの20インチホイールが装着されていたそうです。つまり、最上級グレードとしてR-Lineが用意される可能性が高いと思われます。
R-Lineはスポーティーなエアロやインテリア、そしてパワフルなエンジンを搭載したグレードです。

しかし「ゴルフR」のような、4WDの高性能グレードが用意されるかどうかは不明です。
一般的な4WDのグレード(いわゆる生活4駆)は用意されるでしょうけどね。

目次に戻る

T-Crossのパワートレイン

エンジン

新型ポロと同じMQB A0プラットフォームなので、基本的には新型ポロのエンジンがそのまま流用されます。

ガソリンエンジンは1.0L・直列3気筒(76psから117ps)と、1.5L・直列4気筒(130psと150psの2種類)です。
後者は「TSI evo」と呼ばれるライトサイジング・コンセプトに基づくエンジンですね。

新型ポロGTI用の2.0L・直列4気筒(200ps)が採用されるとの情報もあります。
また、ディーゼルは1.5L・直列4気筒のTDIのみとなるでしょう。

それぞれのエンジンのパワー・トルクに関しては、諸説入り乱れています。
海外メディアも各媒体ごとに全く異なる数値を掲載しているので、決定的な情報はまだ無いのでしょう。

マイルドハイブリッド

VWはパワートレインの電動化を推し進めているため、新型SUVにもハイブリッドが用意されます。
15kWのモーターを搭載したマイルドハイブリッドですが、EVモードで最大3.2kmの距離を走れるそうです。

ギアボックス

組み合わされるトランスミッションは、7速DCTとなります。
ヨーロッパでは5速および6速のマニュアルトランスミッションも用意されますが、日本では望み薄でしょう。

T-CrossはSUVですが、4輪駆動の「4MOTION」が用意されるかは微妙な情勢です。
VWは4輪駆動の追加コストを気にしているようですね。

目次に戻る

T-Crossの価格・発売日

価格はまだ不明ですが、ルノー・キャプチャーをベンチマークにしているということなので、価格も同じくらいになるはずです。
キャプチャーは256.9万円からとなっています。

ちなみに現行ポロとライバル関係にあるルノー・ルーテシアの開始価格は、両者まったく同じ(199万円)です。
T-Crossの英国での予想価格も17,000ポンド(約249万円)なので、250万円前後と考えておけば間違いないでしょう。

発売は2019年上半期を予定しています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-VWの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.