プジョー新型2008 2代目にはEVの「e-2008」が追加

2018年8月20日Peugeotの新車情報, 新車情報SUV, プジョー2008 (2nd-Gen)

プジョー・2008がフルモデルチェンジされました。
一回り大きな3008が欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したことからもわかるように、最近のプジョー車は非常に評判が良いので、新しい2008も大いに期待できます。

プジョー・3008

このページではプジョー新型2000に関する最新情報を、随時更新していきます。

更新情報

正式発表に伴い、ページ内の画像と内容をオフィシャルのものに改めました。また、スパイショットと予想CGは削除しました。(2019/06/19)

最新のスパイショットを追加しました。(2019/01/25)

スパイショットを追加しました。(2018/11/10)


プジョー・新型2008の概要

クリックまたはタップで画像を拡大できます。

エクステリア

プジョー 2008

顔つきは508に近いものとなった。

尻上がりなウエストラインに対し、ルーフは直線だ。

テールゲートガラスは結構傾斜している。

テールランプも508風だ。

全長は4.3m、ホイールベースは2.6mです。

目次に戻る

インテリア

新型2008のインテリア

i-Cockpit 3Dが搭載された。

i-Cockpit 3Dは、ホログラムのように情報を投影することができます。
センターコンソールのタッチスクリーンは最大のもので10インチです。

室内はアルカンターラやナッパレザー仕上げとなっています。
ドアパネルとダッシュボードにはカーボン風の加飾パネルも装着されています。

ラゲッジスペース容量は、5名乗車時で434リッターです。

目次に戻る

シャシー

Common Modular Platform(CMP)という新しいアーキテクチャが採用されました。
このアーキテクチャはEMP1とも呼ばれ、シトロエン・DS3クロスバックのプラットフォームとして採用された実績があります。
このプラットフォームにより、ガソリン、ディーゼル、そしてEVという異なるパワートレインの搭載が可能となりました。

目次に戻る

パワートレイン

ガソリンエンジンは直列3気筒のPureTech 100、130、155の3種類です。
最高出力はエンジン名の数値となります。

ディーゼルエンジンは直列4気筒のBlueHDi 100、および130です。
トランスミッションは6速MTもしくは8速ATが搭載されます。

e-2008

EV(電気自動車)のe-2008は、136ps・260Nmの電動モーターを搭載しています。
バッテリー容量は50kWhで、航続距離は310km(WLTP基準)です。

充電器にもよりますが、5時間15分から8時間でフルチャージできます。
100kWの充電器を使えば、30分間でバッテリー容量の80%までチャージ可能です。

航続距離は350kmになるといわれています。
価格次第では、かなり魅力的な選択肢になることは間違いありません。

価格・発売日

価格と発売日はまだ公表されていません。
とはいえ2019年末までには、ディーラーに到着するでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください

Posted by dangoliath