プジョー新型308 ホットハッチ仕様はプラグインハイブリッド!

Peugeotの新車情報Peugeot 308, PHEV, SUV, ステーションワゴン, ハッチバック, ホットハッチ

Peugeot 308 2018
プジョー 308(2018年モデル)

プジョー 308が、2022年にフルモデルチェンジされるようです。
新型にはプラグインハイブリッド(PHEV)のホットハッチも用意されます。
今回は新型308の最新情報をご覧ください。


新型308の最新情報

エクステリア

508や208に使われている最新のデザイン言語が、新型308にも用いられます。
デザイン第一で設計されているとのことなので、ルックスには期待できそうです。

Peugeot 208 2020
プジョー 208(2020年モデル)

ボディタイプは5ドアハッチバックとステーションワゴン、そしてクロスオーバーSUVが用意されるそうです。
このクロスオーバーSUVは3008とは別の車種で、3008よりもコンパクトなモデルとなります。

目次に戻る

シャシー

現行308にも使われているEMP2プラットフォームを、アップデートしたものが搭載されます。

目次に戻る

パワートレイン

1.6リッターのガソリンエンジンとモーターを組み合わせたPHEVが主流となるでしょう。
もちろんガソリン車も提供されます。
ディーゼル車も継続される予定ですが、日本に導入されるかは不明です。

プジョー・スポール・エンジニアード

これまで「GTi」と呼ばれてきたホットハッチ仕様に関しては、プジョー・スポール・エンジニアード(PSE)というサブブランドで販売されます。
2019年に「508 プジョー・スポール・エンジニアード コンセプト」という車が発表されましたが、ハイパフォーマンスなPHEVというコンセプトカーでした。
308 PSEも同じような方向性で開発されることでしょう。

508 Peugeot Sport Engineered concept
508 プジョー・スポール・エンジニアード コンセプト

新型308 PSEは、前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する方式のPHEVになるそうです。
つまりVW ゴルフRのようなAWD(全輪駆動)のホットハッチになります。
最高出力は300ps前後になる予定です。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。
なお現行型(第2世代)の308は、ハッチバックが289~451万円で、ステーションワゴンが314~390万円で販売されています。

新型308は2022年に登場予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath