プジョー 508 PSE ハイパフォーマンスPHEVセダン

Peugeotの新車情報PHEV, セダン, ハイパフォーマンスモデル

Peugeot 508 PSE

プジョーが「508 プジョー・スポール・エンジニアード(PSE)」の市販バージョンを発表しました。
以前公開されたコンセプトカーにかなり近いモデルとなっています。

今回は508 PSEの概要をご覧ください。


プジョー 508 PSEの概要

エクステリア

Peugeot 508 PSE Front three quarter
プジョー 508 PSE

Peugeot 508 PSE Front
顔つきはコンセプトカーに限りなく近い。

Peugeot 508 PSE Winglet
フロントバンパーの左右端にウイングレットを装備している。

Peugeot 508 PSE Side
コンセプトカーとは異なり、蛍光イエローに塗装されたキャリパーはフロントのみになった。

Peugeot 508 PSE Rear three quarter
リア周りに大げさなエアロパーツは無い。

Peugeot 508 PSE C Pillar
Cピラーにはクリプトナイト色のライオンの爪痕。

Peugeot 508 PSE Taillight
テールライトもライオンの爪痕がモチーフ。

Peugeot 508 PSE Rear Winglet
リア周りのエアロはこれだけ。大口径マフラーは左右それぞれに1本ずつ。

ボディカラーはセレニウムグレー、パールホワイト、ペルラネラブラックの3色が用意されています。
タイヤはミシュラン パイロットスポーツ4S。
ホイールは20インチです。

目次に戻る

インテリア

Peugeot 508 PSE Interior
508 PSEのインテリア

内装はミストラルナッパレザーとアルカンターラで仕上げられています。
ステッチはトラモンタングレーとクリプトナイトの2色。
プジョー車ではすっかりおなじみとなったi-Cockpitレイアウトのダッシュボードに、上下がフラットなステアリングホイールを装着。
センターコンソールには10インチのインフォテイメントディスプレイと、物理ボタンの並ぶピアノキーを備えています。オーディオシステムはFocal製です。

目次に戻る

パワートレイン

Peugeot 508 PSE

コンセプトカーと同様に、プラグインハイブリッド(PHEV)となっています。
1.6リッターのターボエンジンと前後に搭載された2つのモーターにより、システム全体で360ps・520Nmを発生します。コンセプトカーと比較すると最高出力が40psダウンしていますが、最大トルクは逆に20Nm増えました。

モーターとAWD(全輪駆動)の組み合わせなので、0-100km/hは5.2秒の俊足です。
最高速は250km/hですが、これは電子制御リミッターによるものなのだとか。
PHEVなので燃費も49.2km/Lとかなり低燃費になっています。
トランスミッションは8速ATです。

バッテリー容量は11.2kWh。EVとして42kmのゼロ・エミッション走行が可能。
充電時間は家庭用ソケットで7時間、7kWのウォールボックスを使えば2時間未満でフルチャージできます。

ドライブモードは、サスペンションもソフトになる「コンフォート」、燃費を最適化する「ハイブリッド」、シャープな走りを楽しめる「スポーツ」、滑りやすい路面でのトラクションを確保する「4WD」、そしてEV走行を行う「エレクトリック」の5つが用意されています。

目次に戻る

運転支援システム

プリクラッシュブレーキや車線逸脱警報、ストップ&ゴー機能付きのアダプティブクルーズコントロール、そしてナイトビジョンなど、他のプジョー車で選択可能な装備が全て搭載されています。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていませんが、508のラインナップの中で最も高額なモデルになることは確実です。ちなみに508の日本価格は、430~507万円となっています。

508 PSEは、ヨーロッパでは2021年前半にデリバリーが開始されます。日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath