F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年6月1日号) フェラーリの強さの秘密とは? 他

2017/06/03

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • フェラーリの強さの秘密とは?
  • フォース・インディアはペレスの追い抜きを擁護
  • ハースのダブル入賞は成長の証
  • ジョビナッツィ、ハースでフリー走行を走る

それではご覧ください。

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年5月31日号)トト・ウォルフ「今のメルセデスは負け犬」 他

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月2日号)ボッタス「レッドブルの速さはモナコだけ」 他

sponsored link

フェラーリの強さの秘密とは?

今シーズンのフェラーリは、昨シーズンまでとは打って変わって好調です。
どんなコースでも速く、安定しています。
シャシーだけならおそらく最良でしょう。

でも、なぜ急にフェラーリは速く・強くなったのでしょうか? 最大のライバルであるメルセデスを率いるトト・ウォルフ氏によると、今シーズン用のマシン開発に一番早く着手したことが、その理由だそうです。

「われわれの知る限りでは、フェラーリは2015年12月というとても早い時期から、(今季用の)車の開発を始めていた。われわれの場合は、2016年3月だった」とウォルフ氏。「われわれが開発を始めたころには、フェラーリはすでにリソースの50%以上を新車に注ぎ込んでいた」

ウォルフ氏によると、フェラーリは開発期間にして16週分のリードを持っているとのこと。
それだけの期間があると、0.4〜0.5秒分のダウンフォースを得られるそうです。
そのダウンフォースによって、メルセデスは昨年までのアドバンテージを奪われ、逆に追いかける立場になってしまったのでしょう。

Source: Early start on 2017 car was huge benefit for Ferrari - Wolff

目次に戻る

フォース・インディアはペレスの追い抜きを擁護

モナコGPのセルジオ・ペレス(フォース・インディア)、まさにお騒がせ男でした。
1周目にカルロス・サインツ(トロロッソ)と接触してフロントウイングを破損したのを皮切りに、ヌーベルシケインで無茶なかぶせかたをしてきた周回遅れのパスカル・ウェーレイン(ザウバー)に対し「あのバカ! どこ見てんだ!」と無線で毒づき、リスタート時に並びかけたストフェル・バンドーン(マクラーレン)は行き場を無くして1コーナーでクラッシュし、最終盤のラスカスではダニール・クビアト(トロロッソ)のイン側にノーズをねじ込み接触するなど、「トラブルあるところにペレスあり」という暴れっぷりだったのです。

しかしフォース・インディアのCOOであるオトマール・サフナウアー氏は、クビアトがイン側にスペースを空けすぎていたと主張し、ペレスを擁護しました。

「私にとってはレーシングインシデントでした」とサフナウアー氏。「ドアは開き、それから閉じてしまった。それはチコ(ペレスの愛称)のレースも台無しにしましたので、罰としては十分です。トロロッソが何を望んでいるのかわかりません」

「そう、それはクビアトのレースも台無しにしましたが、ドアを大きく開けたままにしてはいけません。ラスカスを通るときには、他の人と同じようにタイトなライン取りをすべきです。そうすれば何も起こりませんよ」

F2のレースではラスカスでオーバーテイクがあったそうですが、幅広になった今年のF1マシン(全幅2m)でF2(全幅1.8m)の真似事をやるのは、いくらなんでも無茶だと思います。

Source: Sergio Perez not a 'reckless' F1 driver insists Force India | autosport.com

目次に戻る

ハースのダブル入賞は成長の証

ハースF1チームを率いるギュンター・シュタイナー氏は、調子が上向き始めたと考えています。今季は6レース中4レースでポイントを獲得しており、モナコGPではダブル入賞を果たしたからです。

「誰もが仕事を遂行しました」とシュタイナー氏。「われわれは取り乱すことなく、常に冷静だったのです」

「不運に見舞われたものの、結局はもう一度幸運を手にしたので満足です。私たちは成熟しています」

決して魔法のステップを踏んだわけではなく、過去6ヶ月間のたゆまぬ努力のおかげだとも語ったシュタイナー氏。
コンストラクターズ6位になれれば幸せだとコメントしていますが、そのためにはトロロッソルノーを打ち破らなければなりません。

Source: Growing maturity to thank for Haas' good performance - Steiner | en.f1i.com

目次に戻る

ジョビナッツィ、ハースでフリー走行を走る

アントニオ・ジョビナッツィ

画像の出典: f1fanatic.co.uk

フェラーリの第3ドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが、フェラーリエンジンを搭載するハースの金曜フリー走行枠で走ることになりました。

ジョビナッツィはパスカル・ウェーレインの代役として、ザウバーから開幕2戦に出場しましたが、中国GPでは予選と決勝の両方でクラッシュを喫し、評価を落としてしまいました。

ハースでは7レース(つまり残りレースの半分)のフリー走行でステアリング握る予定だというジョビナッツィ。
フリー走行とはいえ、ジョビナッツィにとってはF1レギュラードライバーになれるかの正念場です。
ここで良い走りを見せられなければ、次は無い可能性が高いと思います。
果たして汚名返上となるでしょうか。

Source: Giovinazzi to make practice appearances for Haas | f1fanatic.co.uk

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年5月31日号)トト・ウォルフ「今のメルセデスは負け犬」 他

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月2日号)ボッタス「レッドブルの速さはモナコだけ」 他

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
Tag:

Recommend

1
デイリーF1ニュース(2017年6月28日号)ハース、2台の明暗分かれる 他
最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース。本日のヘ ...
2
BMW新型X3(G01)モデルチェンジで軽量化×電動化(PHV)=低燃費に!【6/27更新】
3代目となる新型BMW X3の情報が、ついに正式公開されました!CLAR(CLu ...
3
日産がトヨタを打ち負かす!? ゴーンCEOはビッグマウスか検証
ルノー日産のカルロス・ゴーンCEOが、「ミッドイヤーには世界1位の自動車メーカー ...
4
日産 新型リーフの航続距離、価格、スペックなど最新情報【6/22更新】
日産・リーフのフルモデルチェンジが間近に迫っています。このページでは2代目となる ...
5
ポルシェ新型911(タイプ992)新デザインはPHV登場の伏線か【6/21更新】
先ごろマイナーチェンジモデルの911(通称991.2型)を発表したばかりのポルシ ...
6
VW新型ポロ モデルチェンジ後の画像・価格・サイズ・スペックなど【6/17更新】
第6世代となるフォルクスワーゲン・ポロが、ついにお披露目されました。新型のボディ ...
7
ジャガーE-Pace 新型ミッドサイズSUVはデザイン最優先!?【6/21更新】
ジャガーがミッドサイズの新型SUV「E-Pace」を開発中です。登場すればアウデ ...
8
メルセデス・ベンツ次期Aクラス AMG新型A45は400馬力!【6/20更新】
フルモデルチェンジの迫る新型Aクラス(W177)の開発車両が、ニュルブルクリンク ...
戻る