F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年6月5日号)フェルスタッペン「最終的には勝つ」 他

2017/06/07

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • フェルスタッペン「最終的には勝つ」
  • ハース、カナダでもダブル入賞を狙う
  • ザウバー、モナコでの不振はサプライズ
  • ハミルトン、インディカー軽視発言で炎上!

それではご覧ください。

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月4日号)ルノー、カナダでの巻き返しを誓う 他

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月6日号)メルセデスW08は、なぜタイヤを使いこなせないのか?

sponsored link

フェルスタッペン「最終的には勝つ」

モナコGPでは僚友ダニエル・リカルドのピット戦略にしてやられ、結局5位に終わったマックス・フェルスタッペン
今シーズンは6戦で2度のリタイアを喫するなど、やや空回りしている感のあるフェルスタッペンですが、シーズン終了までには納得の行く結果が出せると考えているようです。

「僕たちはギャップを埋めるために、最終的な勝利のために戦っている。まだそれに当てはまらない時には、車の改善ができるならば、毎レースそれに集中しなければならない」

「僕たちの車には、もっとグリップが必要なんだ。グリップがもっとあれば、たとえ車をちょっと動かしただけでも、違いがすぐにわかる。僕はそれが鍵になると思ってるんだ」

タグ・ホイヤー=ルノー製パワーユニット(PU)のパワー不足だけでなく、レッドブルはシャシーにも問題を抱えているようですね。
ルノーPUのアップグレードは大分先の話になりそうなので、それまでにシャシーを準備万端整えておきたいところです。

Source: 10 Minutes with… Max Verstappen | crash.net

目次に戻る

ハース、カナダでもダブル入賞を狙う

今シーズン初めてのダブル入賞をモナコGPで果たしたハースF1チーム
チーム・プリンシパルのギュンター・シュタイナー氏は、この勢いをそのままに、カナダでもダブル入賞を狙っていくと語っています。

「チームも、ドライバーも、モンテカルロでは誰もが素晴らしい働きをした」とシュタイナー氏。「モンテカルロでは8位と10位だったが、次(カナダ)ではそれを上回りたい」

「われわれがチームをスタートした2年前には、2年目のモナコでトップ10に2台の車を送り込めるとは誰も思ってなかったし、多くの人がそれを信じたとも思えない」

「いつでもダブル入賞できるというのは言い過ぎかもしれないが、それがわれわれの目標だ」

今シーズン、ハースF1チームを悩ませてきたブレーキの問題については、「ドライバーが自信を持つことが一番」とのこと。
チームはテレメトリでブレーキの摩耗を監視しているので、異常があれば無線でそれを伝えることができるため、同じポイント、同じタイミングで、いつもどおり作動することを信じてほしいと、シュタイナー氏は語っています。

Source: Haas aiming to repeat double success in Montreal | en.f1i.com

目次に戻る

ザウバー、モナコでの不振はサプライズ

スペインGPではウルトラソフトでロングランを敢行し、見事ポイントを獲得したザウバーでしたが、モナコGPでは2台ともリタイアという散々な結果に終わってしまいました。

「バルセロナでは、とても競争力があって驚いたんだ」と語るのは、マーカス・エリクソンです。「他のチームはみんなバルセロナにアップグレード・パッケージを持ち込んでいたけど、僕たちはリアウイングしか持っていかなかったのにね」

「モナコには、持てるものをすべて投入した。新しいフロア、新しいバージボード、新しいターニングベイン……すべてだ。僕たちはバルセロナでのパフォーマンスの後だから、中段グループでの争いになると期待していた」

「僕たちは週末を通じて、中段グループでもっとも遅い車から1秒遅れていた。僕たちは週末の間じゅう、車をいじくり回していたよ。何かを試すために、セットアップとは異なる方向にも行った」

「アップグレードしたときには調整が必要なんだけど、モナコでそれをするのは難しいね」

ザウバーはカナダGPでもアップグレードを予定しています。
今度は上手く行くのでしょうか?

Source: Sauber admits surprise over Monaco slump | en.f1i.com

目次に戻る

ハミルトン、インディカー軽視発言で炎上!

年間通じてそのシリーズを戦う他のドライバーを退けて、(フェルナンド・アロンソが)予選5位になったことは興味深いね

メディアの前でこんなことを言ってしまったがために、ルイス・ハミルトンが集中砲火を受けています。

年間通じてインディカーを戦うグレアム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、「F1では、彼のキャリアを通じて、2台だけのレースだったよね? せいぜい4台だ」と語り、毎戦のように勝者が変わる競争の激しいシリーズは、インディカーをおいて他には無いと語り、ハミルトンの意見を否定しました。

ジェームズ・ヒンチクリフも、「(インディカーは)ピットストップが完璧でなければならず、イエローフラッグも良いタイミングで出ないと勝てない。もちろん良い車と良いタイヤも持っていなければいけない」と語り、インディカーでは全てが完璧でないと勝てないのだと力説しています。

ハミルトンはこれまでにも何度か舌禍事件を起こしていますが、彼のサービス精神の裏返しだと思いますし、ヨーロッパのF1ファンの大半は、ハミルトンと同じような認識のはずなので、今回はちょっと叩かれすぎのような気がしますね。
まあ、アメリカらしいと言えばらしいですが。

Source: Why F1 will struggle to prevent Indy 500 clashes in future | f1fanatic.co.uk

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月4日号)ルノー、カナダでの巻き返しを誓う 他

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年6月6日号)メルセデスW08は、なぜタイヤを使いこなせないのか?

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
Tag:

戻る