F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年11月14日)ハミルトン「来季のF1はNASCARみたいに重い」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ハミルトン「来季のF1はNASCARみたいに重い」
  • レッドブル、エンジン性能を制限していた
  • バンドーン「アロンソは師匠ではない」

それではご覧ください。

sponsored link


ハミルトン「来季のF1はNASCARみたいに重い」

今年のF1では、グリッドペナルティが頻発しました。
エンジン・エレメント(MGU-Hやターボなど、エンジンの各要素のこと)は4基までという基数制限があるため、壊れた場合にグリッドペナルティが課せられるのです。

来季はこの基数制限が3基までとさらに厳しくなるため、ドライバーはレース中に、エンジンをマネジメントする必要が出てくるかもしれません。

「(基数制限を)3つまでにするという考え方は好きではない」と語るのは、4度目のタイトルを獲得したルイス・ハミルトンです。「うんざりだ。F1にはスプリントが欠けている

また、来季からは頭部保護デバイスのHaloの装着が義務付けられます。
Haloは確実にF1マシンを重くしますから、ドライバーは車重増の分だけ、レース中にブレーキを労らなければなりません。

「車は来年バスになるだろうね。それはNASCARみたいに重くなる。制動距離は長くなり、ブレーキは常に赤熱し、限界に達している」

「レーサーとして、私たちは速く走りたい。全てのラップで常にアタックできるような、軽快な車が欲しいよ」

リバティ・メディアは、性能を均衡させればオーバーテイクが増えると考えているようですが、エンジンやブレーキ、タイヤなどの性能に余裕が無いと、オーバーテイクどころかサイド・バイ・サイドに持ち込むことすらできません。

SUPER GTは比較的バトルが多いレースシリーズですが、それを生み出しているのは性能均衡ではなく、マルチメイクのタイヤです。
タイヤメーカーごとに性能の劣化スピードが異なることが、コース上でのスピードの違いを生み出し、それがオーバーテイク数の増加につながっています。

Source: Lewis Hamilton: Formula 1's three-engine limit for drivers 'sucks' | bbc.com

目次に戻る

レッドブル、エンジン性能を制限していた

後半戦に入ってからのレッドブルは、どのコースでも常に優勝争いを展開してきました。
しかしブラジルGPではマックス・フェルスタッペンが5位に入るのが精一杯でした。
確実に完走すべく、エンジン性能を制限していたからです。

「サーキットレイアウト(が要因)だ。正直言うと、エンジンに関しては、かなり保守的な方針で走っていた」と語るのは、レッドブルF1を率いるクリスチャン・ホーナーです。

「レースをうまくやる方法としては、マックスがトップグループに食いついていくためにタイヤをかなり消耗させなければならなかった。そして実際見られたように、2秒以内に入るとタイヤが痛み始めた」

「最初はキミ・ライコネンよりも速かったと思うが、その後タイヤにいくつかの問題が出始めた。そうなると、スティントの長さが制限される」

「先行する車に挑戦するのに、十分なペースを持っていなかった日々のうちの1つだったということだ」

エンジン性能を制限していたために、ペースが足りなかったということなのでしょう。
ダニエル・リカルドがエンジン交換でグリッドペナルティを受けていましたし、サーキットレイアウト的にエンジンへの負担が大きいコースでしたから、苦渋の決断をせざるを得なかったのだと思います。

Source: Red Bull F1 team says cautious engine mode hurt its Brazilian GP | autosport.com

目次に戻る

バンドーン「アロンソは師匠ではない」

ルーキーのストフェル・バンドーンと、2度のワールド・チャンピオンであるフェルナンド・アロンソのコンビは、一見すると理想的な師弟関係のように思えますが、バンドーンはそれを否定しています。

「もちろん私たちは同じチームで、同じ方向を向いて仕事をしていますが、彼は私を助けるために隣に立っているわけではありません」とバンドーンは言います。

「私たちはとてもオープンで、車を降りているときには普通の会話をしています。しかし彼は私の師匠ではありません

「ランス(ストロール)には(師匠役が)必要かもしれませんね。私にはわかりませんけど」

とはいえバンドーンも、アロンソとレースをするメリットについては認めています。

「彼はおそらく、F1の中でも最高の手本です」

Source: Vandoorne: 'Alonso not my mentor!' | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年11月13日)アロンソ「トロロッソ・ホンダが心配だ」

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年11月15日)ロス・ブラウン「新規則に対する反応にショック」

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.