F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年6月26日)ルノーの新型MGU-K、レッドブルは使用せず

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えするデイリーF1ニュース
本日のニュースは以下の3本です。

  • ルノーの新型MGU-K、レッドブルは使用せず
  • オーストリアGPのDRSゾーンが3つに
  • アロンソ、チームラジオにあきれる

それではご覧ください。


ルノーの新型MGU-K、レッドブルは使用せず

ルノーが1年以上前から開発を続けてきた新型MGU-Kを、次のオーストリアGPでようやく導入します。

この新型MGU-Kは、ルノーがパワーユニットを供給している3チーム全てに提供される予定ですが、レッドブルだけが使用しないそうです。

MGU-Kは年間2基までという制限がありますが、ダニエル・リカルドは既に2基目、マックス・フェルスタッペンに至っては3基目を使用しているため、ここで新型のMGU-Kを投入すると、グリッドペナルティを受けることになります。
オーストリアはレッドブルの母国GPですから、後方グリッドからのスタートだけは是が非でも避けなければなりません。

ルノーのMGU-Kはトラブルが続発している部分です。
ワークス・ルノーを駆るカルロス・サインツも、フランスGPでMGU-Kのトラブルに見舞われていました。
ルノー・スポールF1のマネージング・ディレクターであるシリル・アビテブールも、「一部のチームが新型を使用しないことを選んだのは問題だ」とコメントしています。
レッドブルのPUが、レース中にトラブルを起こさなければ良いのですが。

Renault introduces new-spec MGU-K, but Red Bull takes a pass - f1i.com

目次に戻る

オーストリアGPのDRSゾーンが3つに

今年のオーストリアGPでは、新たなDRSゾーンが追加されます。

新たなDRSゾーンは、ターン1からターン3にかけての区間です。
ターン3のブレーキングは元々オーバーテイクポイントなので、新たなDRSゾーンによって追い越しが増えることが予想されます。

これまでのDRSゾーンは、ターン10からターン1(つまりホームストレート)と、ターン3からターン4までの区間だったので、今回の変更により、インフィールド以外の全ての区間がDRSゾーンとなります。
なんだかやりすぎな感じもしますが、オーバーテイクが難しい車なので仕方がないのかもしれません。

FIA adds third DRS zone in Austria - f1i.com

目次に戻る

アロンソ、チームラジオにあきれる

ホンダからルノーにスイッチし、シャシーにアップデートを施しても、一向に成績が向上しないマクラーレン
非現実的な目標ばかり掲げてきた彼らですが、最近ではチームの無線にまでその影響が出始めているようです。

「ラジオでチームは間違いなく過度に興奮していたよ」と語るのは、フェルナンド・アロンソです。

「5番手や6番手のドライバーとのギャップを伝えてきていた。セーフティ・カーの後、私は最後尾だったのに」

「ブレーキのオーバーヒートという問題もあった。1周目にピットインしてソフトタイヤを履いたので、1セットのタイヤで走り切る必要があった。だからディフェンシブなレースだったと思う」

「(1周目にピットインした戦略は)フラストレーションではなかった」と語るアロンソですが、競争力はまったくありませんでした。
昨年の後半戦は「GP2エンジン」ながら上位グリッドからスタートすることもあったのですが、今年は難しいかもしれません。

Alonso explains radio apathy - pitpass.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.