Aston Martinの新車情報 新車情報

アストンマーティン DBS 59 1959年のル・マン24時間での勝利を記念した特別仕様車

投稿日:

アストンマーティンが、DBSスーパーレジェーラの特別仕様車「DBS 59」を公開しました。
1959年のル・マン24時間レースにおいて、DBR1が1-2フィニッシュしたことを記念したモデルです。
そしてアストンマーティンにとって1959年の勝利は、ル・マンにおける唯一の総合優勝でもあります。

Embed from Getty Images
画像は2位に入ったDBR1の6号車。優勝したのは5号車。

今回はDBS 59の画像と概要をご覧ください。


アストンマーティン DBS 59の概要

エクステリア

Q by Aston Martinが手がけたDBS 59


DBR1と同じレーシンググリーンに塗装されている。


緑、黒、ブロンズのカラーコーディネートがかっこいい。


優勝した5号車にちなんで、小さいながらもカーナンバーが入っている。


リアスポはカーボン製。ロゴが何を表しているかはわからない。


ゴールドのロゴだが上品だ。


ボディカラーは伝統のアストンマーティン・レーシング・グリーンです。
一方、ルーフなどのカーボンファイバーは光沢仕上げとなっており、グリーンとコントラストをなしています。

フロントグリルの外周部分や、Superleggeraのバッジ、ホイール、ブレーキキャリパーなどはブロンズです。

目次に戻る

インテリア

内装はオブシディアン・ブラックとチェスナット・タンのレザーで構成されていますが、シートの一部とドアトリムには、ファブリックが用いられています。
これはDBR1のシートマテリアルにインスパイアされたものだそうです。

ラゲッジスペースにはレザー製のヘルメット入れがある他、発注したオーナーにはブルーのアストンマーチン・レーシングスーツや、1959年当時のレプリカメットおよびレーシンググローブが提供されます。
これらは当時キャロル・シェルビーが身につけていたものをモデルにしたそうです。

目次に戻る

パワートレイン

エンジン等に変更はありません。
5.2リッター・V型12気筒は725ps・900Nmを発生します。
0-100km/hは3.4秒、最高速は339km/hです。

目次に戻る

価格・発売日

価格は公表されていません。

ディーラーでの受注は既に始まっているそうですが、24台限定生産なので、お金があっても入手は困難でしょう。
アストンマーティン・ケンブリッジが独占的に取り扱うそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-Aston Martinの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.