F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年12月19日)ホーナー「ルノー本社のコミットメントが欠如していた」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えする「デイリーF1ニュース」。
今日のニュースは以下の2本です。

  • ホーナー「ルノー本社のコミットメントが欠如していた」
  • F1のスポンサー状況は今後改善する?

それではご覧ください。


ホーナー「ルノー本社のコミットメントが欠如していた」

レッドブルクリスチャン・ホーナーは、これまで使用してきたルノーエンジンの信頼性やパフォーマンス不足は、ルノー本社の取り組み方に原因があると考えているようです。

「手柄があるなら、当然認められる」とホーナー。「メキシコでは勝つ能力のあるエンジンを供給してくれたし、オーストリアや中国も同様だった」

「MGU-Kを失ったが、モナコではラッキーだった。そしてその他のサーキットではクタクタに疲れ切っていた」

「ガレージにいたルノーのスタッフについては、全面的に称賛する。彼らは毎週毎週全力で働いてくれた」

「しかし開発と信頼性に関するルノー本社のコミットメントを欠いていたため、最終的には彼らを失望させた」

「あるエンジンから別のエンジンへと、パーツを付け替えるのを頻繁に見てきた」

「ハイブリッド時代にはあまりにも多くの(開発)テーマがあり、ダイノの時間も妥協しなければならないし、耐久性なども妥協しなければならない」

レッドブル以外のルノーエンジン勢は、終盤戦になってもBスペックを使用していました。
レッドブルだけがCスペックを使えたのは、エクソン・モービルのおかげなのだそうです。

「エクソンは我々にとって、非常に良い仕事をしてくれた」

「彼らの困難さと不満により、顧客である我々の限られたダイノ・タイムを利用することもあった」

「しかし彼らはCスペックが機能する燃料を考え出すことに成功した。我々はそれを車に使用し、走らせて成功した。ワークスチームはCスペックを使うことができなかった。それに勇気づけられている」

ちなみにルノー側は、レッドブルがワークス(BPカストロール)と異なる燃料を使っているために、パワーの面で問題が出ると批判していました。
ところが真相は全く逆だったわけです。
こういう点もルノーが信頼を失った原因だと思います。

Source: Renault let its own Formula 1 staff down - Red Bull boss Horner - autosport.com

目次に戻る

F1のスポンサー状況は今後改善する?

ここ5年間で25%もスポンサーマネーが減少しているF1ですが、モータースポーツ・ディレクターであるロス・ブラウンは、その状況が改善していくと見ています。
レギュレーションの見直しにより格差が是正され、F1がスポーツとして健全化されていくからです。

「チェイス(キャリー, F1のCEO)氏は、彼が提案したことを実行しようとしている」とブラウン。「バーレーンからこれまでの間に、詳細に関する数多くの仕事が成された。予算制限についても、予算制限以外についてもだ」

「だからいくつかの微調整はあったが、私は自信を持っている。彼はそれを続けるつもりだと我々に言った」

「リバティがこのスポーツを買ったのは、彼らが2021年以降、スポーツはファンにとってもっと健全になると知っていたからだ。ファンが増えれば、我々のスポンサーシップもより健全になるだろう。TV視聴率も、観客数なども...。だから彼らは計画を持っていると思うし、それを実行することを期待している」

チーム間の格差が減り、競争が激しくなれば、必ずファンが増えるというわけではありません。
インディカーは車体のダウンフォースを減らしたことでかなりバトルが増えましたが、視聴率は依然低迷したままです。

Source: Liberty’s 2021 F1 overhaul will make sponsor situation “healthier” – Brown - racefans.net

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.