F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年12月23日)現役F1ドライバーが選んだ、2018年のF1ドライバートップ10は?

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えする「デイリーF1ニュース」。
今日のニュースは以下の2本です。

  • 現役F1ドライバーが選んだ、2018年のF1ドライバートップ10は?
  • ボッタス「バクーで優勝を逃した後、小さな子どものように泣いた」

それではご覧ください。


現役F1ドライバーが選んだ、2018年のF1ドライバートップ10は?

現役F1ドライバーが、2018年のF1ドライバートップ10を選ぶという企画が、Formula1.comによって行われました。

投票のルールは以下の通りです。

  • ドライバーは1位から10位までのリストに、相応しいと思われる名前を記入する。
  • F1のポイントシステムと同じく、順位に応じてポイントが分配される。(よって1位は25ポイント、10位は1ポイント)
  • 投票に参加したドライバーは、自分に投票することも可能。

なお、メルセデスの2人のドライバーと、ウィリアムズセルゲイ・シロトキンは、投票に参加しなかったようです。
よって投票したのはそれ以外の17名となります。

1位はルイス・ハミルトンでした。
2位のマックス・フェルスタッペンも妥当でしょう。
今季限りで引退したフェルナンド・アロンソは、貫禄の3位です。

シャルル・ルクレールピエール・ガスリーという若手がそれぞれ6位・7位に選ばれているのも、今年を象徴しているようです。
この2人のライバル関係は今後も続いていくでしょう。

しかし、エステバン・オコンカルロス・サインツなど、2017年には期待の若手として評価されていたドライバーの名前が見当たりません。
バルテリ・ボッタスも、ドライバーたちからはあまり評価されていないようです。

Source: REVEALED: The Top 10 F1 drivers of 2018 as chosen by the drivers - formula1.com

目次に戻る

ボッタス「バクーで優勝を逃した後、小さな子どものように泣いた」

優勝まであと1歩に迫りながらも、タイヤのパンクで勝利を逃したバルテリ・ボッタスは、「キャリアの中で最大の失望だった」と、悲劇を振り返ります。

「これが私のベストレースだと思った。長くレースをリードしていたわけではなかったが、私は何とか先頭に立つことができた」

「直前のことをよく覚えている。私はかなり確信を持っていて、全てがコントロールできていると感じていた」

「私は少しの幸運があれば、レースに勝てると知っていた。しかしメインストレート上で見えなかったデブリにあたり、パンクし、レースはそこで終わってしまった」

「その後、チーム全体に失望感が見られた。私は皆から多くのサポートを受けた」

「ホテルに帰った後、私は完全に壊れてしまった。膝から崩れ落ち、小さな子どものように声を上げて泣いた」

「しかしそれから私は立ち上がって、1つの失敗が私にケチをつけるはずがないと、心に決めた」

ベストレースだと思っていただけに、ショックも相当大きかったのでしょう。
ですがこういった話を公にできるようになったのは、精神的に立ち直れたということだと思います。

Source: Bottas “cried like a baby” after losing Baku win - racefans.net

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.