ロータス エヴォーラGT さらなるダウンフォースと軽さを追求!

他メーカーの新車情報GT, クーペ, スポーツカー

ロータスエヴォーラGTを発表しました。
従来のエヴォーラ・スポーツ410と、エヴォーラ400に替わるモデルです。

今回はエヴォーラGTの概要をご覧ください。


ロータス エヴォーラGTの概要

エクステリア

ロータス エヴォーラGT

グリルのメッシュ部分はコンポジットで出来ている。

フロントフェンダー上部にはルーバーが設けられ、下部には空力的処理が施された。

ルーバー付きのテールゲートは迫力満点だ。

ディフューザーはオプションでカーボンに変更可。

グリルのメッシュは軽量なコンポジット製です。
フロントフェンダーの上部にはルーバーが新設され、エヴォーラ400の2倍というダウンフォース量(64kg)に貢献しています。

フロントタイヤ後方のカーブドAパネル(ホイールハウスに向かって絞り込まれている部分)やサイドステップ、リアバンパーなどはカーボン製です。

オプションのカーボンパックを装着すると、フロントアクセスパネルやルーフパネル、スポイラーおよびルーバー付きのテールゲート、そしてディフューザーまでもがカーボン製となります。
これにより22kgの軽量化が可能です。

ボディサイズ

寸法(mm)と重量(kg)
全長 4,394
全幅 1,972
全高 1,233
車重(標準車) 1,440(AT車は1,451)
車重(最軽量) 1,408 (AT車は1,419)

数値は米国仕様のもの。

車重(最軽量)は、カーボンパックとチタン製エキゾースト装着車のもの。

軽量化オプションをフル装備したエヴォーラGTの車重(1,408kg)は、エヴォーラ400比で32kgも軽くなります。

目次に戻る

インテリア

エヴォーラGTのインテリア

アルカンターラ仕上げの室内は、シンプルながらも上質だ。

SPARCO製のシートを装着する。

写真はMT車だが、ATも選択可能。

室内はアルカンターラで仕上げられています。
コントラストステッチはツインカラー仕様。
ステアリングはマグネシウム製で、レザーおよびアルカンターラ巻きです。
メーターフードはカーボン、SPARCO製シートもカーボンです。

エヴォーラGTはApple CarPlayやAndroid Autoに対応しています。
Bluetoothも使える他、衛星ナビ、リアビューカメラなども標準装備です。

2シーターまたは2+2のレイアウトを選択可能ですが、後席を付けたとしても、実際に大人が座るのは厳しいでしょう。

目次に戻る

シャシー

ホイールは鍛造アルミで、フロント19インチ、リア20インチです。
タイヤはミシュランのパイロットスポーツカップ2で、フロントに245/35、リアに295/30を履いています。

サスペンションはビルシュタインのスポーツダンパーと、アイバッハスプリングの組み合わせです。

ブレーキはAPレーシング製の4ピストンキャリパーを前後に装着。
ブレーキローターはフロントが370φ、リアは350φで、いずれもクロスドリルド加工が施されたベンチレーテッドディスクです。

エヴォーラGTには4つのモード(ドライブ、スポーツ、レース、オフ)を備えたESP(横滑り防止装置)が搭載されています。
これらはダッシュボードのスイッチで切り替え可能です。
スポーツおよびレースを選択すると、スロットルレスポンスも向上します。

目次に戻る

パワートレイン

3.5リッター・V型6気筒エンジンには、Edelbrock製スーパーチャージャーが装着されています。
ギアボックスはトルセンLSD付きの6速MTが標準で、パドルシフト付きの6速ATはオプションです。

オプションのチタン製のエキゾーストは、パワーの向上こそ無いものの、リアオーバーハングを10kgも軽くできます。
カーボンパックと合わせれば、車重を1,408kgまでダイエット可能です。

性能 MT車 AT車
出力(ps) 422
トルク(Nm) 430 450
0-96km/h 3.8 3.9
最高速(km/h) 303 280
燃費(km/l) 8.5

目次に戻る

価格・発売日

北米地域(アメリカおよびカナダ)では既に注文可能なようですが、日本に導入されるかは不明です。

米国価格は96,950ドルとなっています。
記事執筆時点のレートで換算すると、約1,053万円です。
しかし先代モデルであるエヴォーラ400の日本価格が1,258万円なので、エヴォーラGTがもし日本に導入されたとしても、米国価格よりは高くなるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath