AMG E63 S 4MATIC+ スーパーセダン&ワゴンがさらなる進化

Mercedes-Benzの新車情報ステーションワゴン, セダン, メルセデスAMG

AMG E63 S 4MATIC+ Wagon

メルセデスAMGが「E63 S 4MATIC+」を発表しました。
セダンとワゴンの両方に設定されています。

今回はE63 Sの概要をご覧ください。


AMG E63 Sの概要

エクステリア

画像はクリック(タップ)で拡大できます。

AMG E63 S 4MATIC+ Sedan front three quarter
AMG E63 S 4MATIC+ セダン

AMG E63 S 4MATIC+ Sedan front
パナメリカーナグリルが装着され、顔つきが一新された。

AMG E63 S 4MATIC+ Sedan headlight
ホイールアーチは27mmワイドになっている。

AMG E63 S 4MATIC+ Sedan side
横から見ると至って普通のセダンだ。

AMG E63 S 4MATIC+ Sedan rear three quarter
少し離れた距離からでもブレーキの存在感がすごい。

AMG E63 S 4MATIC+ Sedan rear
リア周りも比較的落ち着いたデザインだ。

AMG E63 S 4MATIC+ Sedan spoiler
リアスポはガーニーフラップタイプの小ぶりなもの。

AMG E63 S 4MATIC+ Sedan tail pipe
90mmの台形テールパイプ。楕円形状のE53と差別化している。

AMG E63 S 4MATIC+ Wagon front
こちらはワゴン。

AMG E63 S 4MATIC+ Wagon side
この角度から見るとテールゲートガラスの絶壁具合がわかる。

AMG E63 S 4MATIC+ Wagon rear
クアッドエキゾースト以外は普通のステーションワゴンに見える。

目次に戻る

インテリア

画像はクリック(タップ)で拡大できます。

AMG E63 S 4MATIC+ interior
新型E63のインテリア

AMG E63 S 4MATIC+ seats
シートの形状が新しくなったようだ。

ステアリングはツインスポークデザインの新しいAMGパフォーマンスステアリングホイールです。
3本のツインスポークが軽快な印象を生み出しています。
表皮はレザーやDINAMICAマイクロファイバーなどです。
また、ステアリングにはハンズオンを検知するセンサーが組み込まれています。

なお、更新されたMBUXはユーザーのファーストネームを呼ぶように設定できるのだそうです。
また、特定地域の天気予報を読み上げることも可能になりました。

目次に戻る

シャシー

MG E63 S 4MATIC+ Sedan cornering

快適性とダイナミクスを両立するために、サスペンションは特別に設計されています。
AMG RIDE CONTROL+は、マルチチャンバーエアサスペンションとアダプティブ・アジャスタブル・ダンピングADS+の組み合わせとなっており、高レベルのキャンバー安定性とダイナミクス、ステアリング精度を実現している他、チューニングにより快適性も大幅に向上しているそうです。
ダンパーのモードは「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の3段階が用意されています。

また、E63 Sは競合セグメントで唯一のダイナミック・エンジンマウント装着車です。
快適性が必要なときはエンジンマウントをソフトに、逆にスポーティーな走りをするときにはエンジンマウントをリジットにすることで、快適性と走行性能を両立できます。

パワステはスピード感応式で、低速域ではアシスト量を増やして少ない操舵力での操作を可能にし、高速域では逆にアシスト量を減らしてダイレクトな操作ができるようになっています。

E63 Sのブレーキは、フロントが6ピストンキャリパーと390φのコンパウンドブレーキディスクの組み合わせ、リアがシングルピストンキャリパーと360φのコンパウンドブレーキディスクの組み合わせです。
オプションでAMGカーボンセラミックブレーキシステムも用意されています。

目次に戻る

パワートレイン

MG E63 S 4MATIC+ Sedan engine

エンジンは4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボです。
最高出力は612ps、最大トルクは850Nmを発生します。
なおベースモデルのE63 4MATIC+は、571ps・750Nmです。

E63 S セダンは、0-100km/hを3.4秒でこなします。
E63 S ワゴンは3.5秒です。
ベースモデルはそれぞれ0.1秒遅い数値となります。
最高速はベースモデルがセダン・ワゴン共に250km/h、E63 S セダンが300km/h、E63 S ワゴンが290km/hですが、いずれもリミッターで制限された数値です。

トランスミッションはAMG SPEEDSHIFT MCT 9-Speedです。
これはトルクコンバーターの無いオートマチックトランスミッションで、トルコンの替わりに湿式多板クラッチが用いられています。
コンピューター制御によってダブルクラッチ操作も再現されているのだとか。
素早いシフトチェンジやマルチダウンシフトが可能で、ブリッピング機能も付いています。

駆動方式はAWD(全輪駆動)で、トルク配分式の4MATIC+を全車標準装備。
E63 Sや、ベースモデルのAMGダイナミックプラスパッケージ装着車には、ドリフトモードも搭載されています。
リアデフも電子制御式で、状況に応じた差動制限が可能です。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていませんが、旧型とほぼ同じ価格になると予想されています。
ちなみに旧E63 4MATIC+ セダンの日本価格は1,733万円でした。

ヨーロッパでは2020年7月に発売去れる予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath