トヨタS-FRは1.2リッターターボ搭載で車重1トン以下!?

トヨタの新車情報

トヨタ_S-FR

画像の出典: newsroom.toyota.co.jp


S-FRはロードスターキラーか?

東京モーターショーでトヨタが発表したコンセプトカー「S-FR」。新しいヨタハチだのピカチュウに似てるだのと話題になりましたが、早くもそのスペックに関する情報が漏れ聞こえてきました。



Report Says Toyota S-FR May Get 1.2L Turbo Engine Instead Of N/A 1.5L – carscoops

トヨタのパワートレーンエンジニアが語ったところによると、エンジンは「将来の幅広いレンジのモデルに適合するよう開発が進められているアトキンソンサイクルの1.2リッターターボ」とのことなので、おそらくオーリスの1.2リッター直噴ターボ「8NR-FTS」が、S-FRに搭載されると思われます。予想されるスペック(114ps、185Nm)も、8NR-FTSとほぼ同じです。

S-FR=ロードスター?

S-FR Forumでは1.5リッターのNAエンジンにアイシン製の6速が組み合わされると噂されているようです。こちらは出所不明の情報ですが、もし事実だとすれば、S-FRはマツダ・ロードスターのトヨタ版ということになります。

トヨタとマツダが業務提携していることを考えると、S-FRとロードスターが、86とBRZのような兄弟車になる可能性もあながち否定できません。1.5リッターNAの搭載も十分ありえると思います。

どちらのエンジンが搭載されるにしろ、S-FRがロードスターと似たようなパッケージングになることはほぼ確実です。トヨタは後出しジャンケンで勝つのが得意※1なメーカーですが、マツダ・ロードスターという強敵相手に、果たしてそれが通用するでしょうか。

「ホンダ・ストリーム」そっくりのパッケージングを持つミニバン「トヨタ・ウイッシュ」を後発で販売し、ストリームのシェアを奪い絶版に追い込んだ。


【PR】愛車を最高査定額で売却! MOTAが選ばれる理由

1.高額査定の3社のみとの連絡で、電話ラッシュから解放されます!
一括査定サービス最大の課題は、絶え間ない営業電話のラッシュでした。しかし、MOTAを選べば高額査定の3社のみとの連絡で、これからはその恐怖から解放されることでしょう。愛車の査定をストレスフリーに利用できます。

2.申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がwebでご確認いただけます!
MOTAなら最大20社からの概算査定額をwebで簡単に確認できます。実際に連絡を取り合うのはその中の上位3社だけ。20社が競り合うことで、査定額も自然にアップします。さらに、市場相場を把握できるので、買取店との交渉も有利に進められます。

3.入力はたったの45秒で完了。しかも利用料は無料です!
査定申し込みに必要な情報は45秒で簡単に入力完了します。しかも、利用料は一切かかりません。気軽に査定を試してみてください。