新型レクサスGS? それとも新型トヨタクラウン?

トヨタの新車情報,新車情報

新型レクサスGS、もしくは新型クラウンとみられる開発車両が、ニュルブルクリンクで目撃されました。

なぜ車種がどちらかわからないかというと、GSは現行型限りで廃止されるとの噂がある一方、クラウンはほぼ日本専用車両であるため、ニュルブルクリンクでわざわざ開発するとは思えないからです。

しかしどちらにしろこの車両は、フロントエンジン・フロントドライブ、すなわちFFになることが確定しています。
今回はこの中型セダンの概要と、レクサスGSを取り巻く事情、そしてこの開発車両が新型クラウンである可能性についてお伝えします。


エクステリア

カモフラージュのせいか、スピンドルグリルは確認できない。
トランク部分は短めで、ファストバックに近いスタイル。
サイドウィンドウの面積が広いので、クラウンっぽく見えるが……。
スポーティーな左右出しマフラーを見ると、GSのように思えてくる。

画像の出典: carscoops.com

目次に戻る

レクサスGSを取り巻く事情

世界的なSUVブームの影で、セダンの時代が終わろうとしています。
トヨタ・カムリホンダ・アコードといったDセグメントセダンが幅を利かせてきた北米市場においても、その傾向は同様です。

特にレクサスGSは販売不振に陥っており、北米における今年1-5月の販売実績は、前年同期比マイナス52.4%という大幅な減少となっています。

GSにフルモデルチェンジの時期が迫っていたため、トヨタは2つのプランを検討していたようです。

  1. レクサスESとGSを統合する
  2. 新型LSのV6ターボモデルでカバーする

1はもっとも有力とされている説です。
統合後の名前がESになるのかGSになるのかはわかりませんが、トヨタ・カムリのレクサス版であるESと統合すれば、安全性や運動性能に優れるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・プラットフォーム)で統一でき、コストの面でもメリットが出てきます。

2はGSを廃止し、ラインナップの空白を新型LSのV6ターボ(415馬力)モデルで埋めるというものです。

1、2のどちらにせよ、GSが現行のようなFRスポーツセダンとして存続しないことは、ほぼ確実な情勢となっています。

目次に戻る

新型クラウンである可能性

開発車両のスパイショットを見るかぎり、レクサスのファミリーフェイスである「スピンドルグリル」は確認できません。
一応新型LSのようなファストバックスタイルなものの、Aピラーは立ち気味ですし、サイドウィンドウの面積も広いなど、レクサスらしさは感じられません。
このようなオーソドックスなデザインは、むしろトヨタ車のそれです。

クラウンはアジア市場向けに少数が輸出されているものの、販売台数のほとんどは日本国内です。
そんなドメスティックな車がニュルブルクリンクでテストしているというのは、少し奇妙な感じがします。

しかし「GRMN」のマークXやヴィッツのように、日本国内専売でありながらも、ニュルブルクリンクでテストを重ねて販売された車もありますから、今回撮影された開発車両が、新型クラウンでないとは言い切れません。

実際、クラウンはフルモデルチェンジの時期を迎えており、これまでのモデルライフサイクルからすると、2018年には新型に切り替わるはずです。
タイミング的には、新型クラウンである可能性も十分にあると言えます。

また、クラウンにはかなり底堅い需要があるので、トヨタが力を入れて開発するのはある意味当然です。
しかも現在のトヨタは「もっといい車づくり」を掲げていますから、新型クラウンの開発拠点として、世界一の難コースであるニュルブルクリンクが選ばれたのかもしれません。

ちなみに新型クラウンは、現行型と変わらず後輪駆動が維持されるそうです。

目次に戻る

で、結局どっちなの?

デザインなどからすると、トヨタ新型クラウンである可能性が高いと思います。

レクサスはアメリカが主戦場のブランドです。
北米市場はFFのカムリがあれほど売れているのですから、FRにこだわる必要は無いはず。
メルセデス・ベンツやBMWといったライバルたちと真っ向勝負するよりも、FFならではの室内の広さをアピールした方が効果的ですし、GSは廃止されるか、名前だけ残してFF化されるのではないでしょうか。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

【PR】愛車を最高査定額で売却! MOTAが選ばれる理由

1.高額査定の3社のみとの連絡で、電話ラッシュから解放されます!
一括査定サービス最大の課題は、絶え間ない営業電話のラッシュでした。しかし、MOTAを選べば高額査定の3社のみとの連絡で、これからはその恐怖から解放されることでしょう。愛車の査定をストレスフリーに利用できます。

2.申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がwebでご確認いただけます!
MOTAなら最大20社からの概算査定額をwebで簡単に確認できます。実際に連絡を取り合うのはその中の上位3社だけ。20社が競り合うことで、査定額も自然にアップします。さらに、市場相場を把握できるので、買取店との交渉も有利に進められます。

3.入力はたったの45秒で完了。しかも利用料は無料です!
査定申し込みに必要な情報は45秒で簡単に入力完了します。しかも、利用料は一切かかりません。気軽に査定を試してみてください。