トヨタ BZ 新型EVはRAV4サイズの中型SUV

トヨタの新車情報

Toyota BEV Teaser

トヨタの新型EV(電気自動車)の車名は、「BZ」になりそうです。
BZは「Beyond Zero」の略であると言われています。

トヨタはBZ1からBZ5までの商標を出願済みです。さらにBZ4Xや、BZ5Xといった商標も登録されています。
最初に登場するBZは、RAV4とほぼ同じサイズの中型SUVということですが、BZ1からBZ5のどれになるかはわかっていません。

このページではトヨタ BZの最新情報を随時更新していきます。


トヨタ BZの最新情報

エクステリア

Toyota EV Lineup Teaser
トヨタが2019年に公開したEVラインナップのイメージCG

予想CG

Toyota BZ rendered by AutoExpress Front
AutoExpressによる予想CG

Toyota BZ rendered by AutoExpress Rear
AutoExpressによる予想CG

AutoExpressはプリウスのように個性的なデザインになると予想しています。

目次に戻る

シャシー

Toyota e-TNGA

プラットフォームはe-TNGAです。トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ(TNGA)の電気自動車版となります。

Toyota e-TNGA
e-TNGAの模式図。FIXEDと書かれた部分だけが固定で、残りは自由に変更できる。

TNGAと同様に、e-TNGAもモジュラープラットフォームです。
車種ごとに共通なのはフロントアクスルからフロントガラスまでの空間だけなので、ホイールベースや全幅などを自由に変更でき、1つのプラットフォームで様々な車種に対応できます。
もちろん駆動方式も自由自在です。

目次に戻る

パワートレイン

モーターやバッテリーは、車種ごとに最適なものが設定されます。
最初に登場する中型SUVのBZは、顧客がRAV4と比較検討する対象になるとのことなので、最高出力も似たようなレベルになるでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

トヨタは今後数ヶ月の間に詳細を発表するとしています。

最初に登場する中型SUVのBZは、RAV4よりも少し高い価格になるそうです。
ちなみにRAV4は274~402万円で販売されています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

【PR】愛車を最高査定額で売却! MOTAが選ばれる理由

1.高額査定の3社のみとの連絡で、電話ラッシュから解放されます!
一括査定サービス最大の課題は、絶え間ない営業電話のラッシュでした。しかし、MOTAを選べば高額査定の3社のみとの連絡で、これからはその恐怖から解放されることでしょう。愛車の査定をストレスフリーに利用できます。

2.申し込み翌日18時に、最大20社の査定結果がwebでご確認いただけます!
MOTAなら最大20社からの概算査定額をwebで簡単に確認できます。実際に連絡を取り合うのはその中の上位3社だけ。20社が競り合うことで、査定額も自然にアップします。さらに、市場相場を把握できるので、買取店との交渉も有利に進められます。

3.入力はたったの45秒で完了。しかも利用料は無料です!
査定申し込みに必要な情報は45秒で簡単に入力完了します。しかも、利用料は一切かかりません。気軽に査定を試してみてください。