他メーカーの新車情報

新型レンジローバースポーツに2リッターディーゼルが追加される

sponsored link

ランドローバー_レンジローバースポーツ_MY2017_左フロント

レンジローバー3兄弟の次兄であるレンジローバースポーツに、2017年の年次改良で2.0L ディーゼルモデルが追加されます。

sponsored link

目次
1.新型レンジローバースポーツ(2017)の詳細
1-1.新型レンジローバースポーツのエンジン
1-2.新型レンジローバースポーツの安全装備
1-3.新型レンジローバースポーツのインフォテイメント
1-4.新型レンジローバースポーツの価格

新型レンジローバースポーツ(2017)の詳細

2017年型レンジローバースポーツには、年次改良とはいえ数多くの変更が施され、ビッグマイナーチェンジと言っても過言ではないほどです。

ランドローバー_レンジローバースポーツ_MY2017_正面

新型レンジローバースポーツのエンジン

新たに追加される「2.0L Ingenium Diesel」は、ディスカバリースポーツやレンジローバーイヴォークにも搭載されています。

しかし今回搭載するのは、車重2トンオーバーのレンジローバースポーツです。車重1920kgのディスカバリースポーツ用エンジン(180psもしくは150ps)をそのまま載せ替えただけでは、パワー不足は目に見えています。

そのためレンジローバースポーツ用のIngeniumエンジンは、240ps(176.5kW)・51kgf・m(500Nm)と大幅にパワーアップされました

これによって0-60mph(0-92km/h)は8秒フラット、燃費は16.14km/Lを達成。パフォーマンスと経済性を両立しています。

目次に戻る

新型レンジローバースポーツの安全装備

ランドローバー_レンジローバースポーツ_MY2017_サイド

ドライバーズエイドが充実したのも、2017年型レンジローバースポーツの特徴です。

ロートラクション・ローンチは滑りやすい路面でのスタートを助けるシステムです。路面状況に応じて車両制御を最適化する「テレインレスポンス」に追加されました。

アドバンスド・トウ・アシストは、トレーラー牽引時、リアビューカメラの映像にトレーラーの動きをガイドラインで表示してくれる機能のようです。

インテリジェント・スピード・リミッターは、車両が道路標識を認識し、スピードリミッターを適宜変更してくれます。

オートマチック・エマージェンシー・ブレーキブラインドスポット・アシストレーンキーピングアシストなど、予防安全システムにも手抜かりはありません。最高レベルの安全性を備えていると言ってよいでしょう

目次に戻る

新型レンジローバースポーツのインフォテイメント

タッチ・プロ・システムと呼ばれる10インチのタッチスクリーンが、センターコンソールに装備されます。ちなみに現行モデルのスクリーンは8インチです。

ランドローバーの他の車種と同様、この10インチタッチスクリーンもデュアルビュースクリーンとなっています。見る角度によって異なる映像が見える仕組みです。以下の動画をご確認ください。

新しいタッチ・プロ・システムは、コネクティビティが強化されました。WiFiのホットスポットとして使えるだけでなく、スマートウォッチとも連携できます。

最大の目玉は、スマホアプリでリモートコントロールできることでしょう。あくまで車の機能の一部を操作可能とのことですが、車の暖機やエアコン操作などは、外部から行えるようになるはずです。

目次に戻る

新型レンジローバースポーツの価格

2.0L Ingenium Dieselを搭載する「SD4 HSE」の英国価格は、£59,700となります。£1=¥130円換算だと、およそ776万円ですね。

5.0L V8スーパーチャージャーを搭載する最上級グレード「SVR」の英国価格は、£96,000。上記のレートだと1248万円です。


2リッターディーゼルの日本市場投入はあるのか?

Ingenium Dieselは、ディスカバリースポーツやレンジローバーイヴォーク、ジャガーF-TYPEなどにも使われているエンジンですが、日本市場には導入されていません。おそらくエミッション規制をクリアできないのでしょう。

(訂正)ジャガーXFにIngenium Diesel搭載モデル(180ps仕様)があり、既に日本導入済みです

ただし2017年からはEUでも「Euro6 ステージ2」が導入され、2020年に向けて段階的に厳しくなっていきます。日本の規制以上に厳しくなるので、クリアできなければ、ディーゼルモデルが主力であるジャガー・ランドローバー・グループ(JLR)の存続が危ぶまれる事態となるでしょう。

となればJLRも規制をクリアできるディーゼルエンジンを投入してくるはずですから、新型Ingenium Dieselの日本市場投入も、十分にありえると思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報
Tag:

戻る