Jaguarの新車情報 新車情報

ジャガーE-Pace 新型ミッドサイズSUVはデザイン最優先!?【7/14更新】

2017/07/14

ジャガーがミッドサイズの新型SUV「E-Pace」を開発中です。
登場すればアウディQ3BMW X1メルセデス・ベンツGLAなどのライバルとなります。

最近のSUVブームを受け、自動車メーカー各社からSUVのリリースが相次いでいますが、それゆえに差別化が難しくなってきました。
そこでE-Paceは徹底したデザイン重視路線をとるつもりのようです。
開発車両のスパイショットから、E-Paceのスタイリングを見ていきましょう。

2017年7月14日追記

Eペースがついに正式公開されました。詳しい情報と画像は以下のリンク先をご覧ください。

ジャガーEペース 新型SUVはオンロード性能を追求!

更新情報

ティザー画像と価格・発売時期の情報を追加しました。(2017/06/21)

最新のスパイショットと、インテリアのスパイショットを追加しました。(20170405)

トップ画像の出典: autoevolution.com

sponsored link

ジャガーE-Paceの概要

現在販売中のF-Paceは、ジャガーの販売台数の30%を占める主力モデルに成長しました。

ジャガーF-Pace

F-Paceの成功に気を良くしたジャガーは、電気自動車のI-PACEや、大型SUVのJ-Paceなど、複数のSUVを並行して開発していますが、さらにE-Paceも加わることになりました。

ティザー画像。E-Paceは一番小さい。

ジャガーのデザイナーであるイアン・カラム氏は、「スポーツカーのルックスとジャガーのパフォーマンスを組み合わせることで、E-Paceのすばらしさが保証される」と述べています。

目次に戻る

エクステリア

ボンネットが低くてスポーティー。
顔つきはジャガーF-Paceに準じたものになるはず。
意外と小さめなブレーキローター。
ボンネットの長さはF-Paceほどではないが、Aピラーの傾斜はクーペ並だ。
一見すると普通のリア周りだが、テールゲートはクーペのように寝ている。
リアガラスの傾斜を見れば、テールゲートがどれほど寝ているか一目瞭然だ。
リアフェンダーの張り出し感がすごい。

画像の出典: carscoops.com, motorauthority.com

最新のスパイショット(2017年3月撮影)

撮影場所はニュルブルクリンク。
SUVで腰高なのにロールが少ない。
Aピラーが寝ているからか、フロントウィンドウの面積が大きい。
市販車ではルーフラインとテールゲートガラスの角度が一直線になるのだろう。
マフラーは確認できなかった。

画像の出典: autoevolution.com

テールゲートがかなり傾斜していますね。
角度だけ見るとアウディQ8のようなクーペSUV並です。
これだけ傾斜していると、後席やラゲッジスペースの広さがかなり犠牲になるはずですが、それでもデザインを重視するのがジャガー・ブランドの方針なのでしょう。

目次に戻る

インテリア

インテリアのスパイショットです。巨大な液晶ディスプレイが目を引きますが、その後ろのエアコン吹出口が隠れてしまっているので、液晶はおそらく開発用に取り付けただけのものでしょう。

目次に戻る

エンジン・シャシー

E-Paceはランドローバー・ディスカバリー・スポーツとプラットフォームを共有しています。

ディスカバリー・スポーツ(2015年モデル)

ディスカバリー・スポーツが実用性を重視したSUVなのに対し、E-Paceはデザイン重視のスペシャリティSUVになりそうです。

エンジンは新型の2.0リッター・直列4気筒「インジニウム」エンジンが搭載されます。ガソリンとディーゼルの両方がラインナップされる予定です。
また、廉価グレードには直列3気筒、最上級グレードにはハイブリッドが投入されます。

目次に戻る

価格・発売時期

ワールドプレミア(お披露目)は7月13日の予定です。
開発は急ピッチで進んでおり、2017年末には早くも発売されると見られています。
遅れたとしても2018年初頭にはデリバリーが開始されるでしょう。

価格は38,600ドルからとなります。
1ドル=110円換算だと、424.6万円ですね。
ライバルとなるBMW X1は405万円〜、アウディQ3は369万円〜なので、E-Paceはかなり強気な値付けですね。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください

sponsored link

Category: Jaguarの新車情報, 新車情報
Tag: ,

戻る