テクノロジー・業界分析 批評

ボルボの電動化戦略(EV・PHV・48Vマイルドハイブリッド)

2017/02/14

ボルボのパワートレイン電動化戦略が明らかになりました。
今後3年の間に、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(EV)、そして48Vマイルドハイブリッドを次々と投入していく予定のようです。

今回はボルボが開発している電動パワートレインの内容について見ていきます。

sponsored link

ボルボの新プラグインハイブリッド

ボルボはV90などに「ツインエンジン」と呼ばれるプラグインハイブリッドを設定・販売していますが、これは6〜8気筒エンジンの替わりとなるものであり、4気筒エンジン+モーターの4WDという構成になっています。

Drive-E Hybrid

しかし2018年から新たに投入されるPHVは、3気筒エンジン+モーターのFFという構成です。
こちらは4〜6気筒エンジンを代替します。

新PHVでエンジンと組み合わされるのは7速DCTと、9.7kWhのリチウムイオンバッテリーおよび55kW(75ps)のモーターです。
電気のみで50kmの距離を走行できます。

目次に戻る

ボルボの48Vマイルドハイブリッド

2019年に投入予定の48Vマイルドハイブリッドは、ガソリンとディーゼルの両方に設定されます。
第1世代のモーター出力は10kW(13.6ps)に過ぎませんが、その後15kW(20.4ps)仕様が出る模様です。

また、エネルギーストレージとして、48V・0.25kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載されます。

48Vマイルドハイブリッドは、V40のようなコンパクトクラスの車に採用されるでしょう。
VW・ゴルフ8など、48Vシステムを搭載する車は今後増え続けると思われます。

目次に戻る

ボルボの電気自動車

ボルボのBEV(Battery EVの略。エンジン無しの電気自動車のこと)は、2019年に登場予定です。

現在ボルボは、コンパクトカー用の「CMA」と、ミッドサイズ以上の車種向けの「SPA」という、2つのモジュラープラットフォームを使用していますが、BEV用に「MEP(Modular Electrification Platform)」と呼ばれる新プラットフォームを開発中です。

CMAとSPAの関係と同様に、MEPも費用対効果を向上すべく、それらのプラットフォームと多くの部品を共有するものになるでしょう。

MEPは100kWhの大容量バッテリーや、100〜450kW(136〜 612ps)のモーターを搭載可能。
20kWのAC充電、およびDC高速充電にも対応しています。
ボルボは全ての価格帯のBEVを、MEPだけでカバーするつもりのようです。

ボルボは2025年までに100万台の電動化された車両を生産するとしていますが、これだけ大掛かりにやるならば、期限よりも早く達成できそうですね。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: テクノロジー・業界分析, 批評
Tag: , ,

戻る