F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年10月5日)バンドーン「チームをリードする準備はできている」

2017/10/06

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • バンドーン「チームをリードする準備はできている」
  • リカルド「レッドブルと契約延長の交渉はしていない」
  • マッサは旧型マシンによるドライバーのトライアウトを疑問視

それではご覧ください。

sponsored link

バンドーン「チームをリードする準備はできている」

シンガポール、マレーシアと連続で7位入賞を果たし、上り調子なストフェル・バンドーンは、例えフェルナンド・アロンソがいなくなってもチームをリードしていけると語っています。

「確かに私は、リードする準備ができています」とバンドーン。「いや、フェルナンドが永遠にF1を続けられるわけではありませんから。彼がF1をどのくらい続けるのか、もし彼が私たちと一緒にいるつもりだとしても、私は知りません」

「私は私の側から考えているだけです。正直言うと、チームメイトに関してはあまり考えていませんし、将来への準備に集中しています」

バンドーンのこの発言は、個人的な考えに基づくものなのか気になりますね。
もしかすると、チームの意向を「忖度」しているのかもしれません。

マクラーレン側からすれば、来季はルノーにスイッチすると決めたのですから、アロンソにさっさと契約してほしいというのが本音でしょう。
アロンソのわがままを聞いてあげたのに、契約交渉でまったく妥協してくれないとなれば、マクラーレン側の不満が高まっていてもおかしくありません。

バンドーンのコメントは、そんなチーム内の空気を読んだ結果かもしれないのです。
あくまで推測ですけどね。

I’m ready to lead McLaren - Vandoorne | racer.com

目次に戻る

リカルド「レッドブルと契約延長の交渉はしていない」

ダニエル・リカルドレッドブルとの契約は、2018年末までです。
しかし彼は契約延長の交渉をしていないと語っています。

なぜかというと、レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコが、2019年のドライバー移籍市場にリカルドが出るとコメントしたためです。
つまりレッドブル側は、リカルドを積極的に引き止める気がないということになります。

「私が知っている唯一のことは、来年末で契約が終了するということだけだ」とリカルド。「来年以降の計画は、私たちの間で何も語られていない」

スピードのマックス・フェルスタッペンに対し、レース巧者なリカルドというイメージがあるので、良いコンビだと思うのですが、レッドブルからすると物足りないのかもしれません。

カルロス・サインツルノーから引き戻すオプション契約もありますし、ピエール・ガスリーもいますから、ドライバーには困ってないのでしょうけど、何だかもったいない気がしますね。

Source: No talks with Red Bull over 2019 yet – Ricciardo | f1fanatic.co.uk

目次に戻る

マッサは旧型マシンによるドライバーのトライアウトを疑問視

フェリペ・マッサは現役を続行するつもりのようですが、その希望が叶えられるかはわかりません。
ウィリアムズは来季のドライバー候補であるポール・ディ・レスタロバート・クビサの2名を、2014年型のマシンでテストしようとしています。
言うなれば、トライアウトですね。

しかしマッサは、このトライアウトに疑問を持っているようです。

「4年前の車で評価しても、まったく違うよ」とマッサ。「大したことは評価できないと思う」

ちなみにマッサは、自身のトライアウト参加も否定しました。
ウィリアムズ・チームは、マッサの能力を100%知っているからだそうです。

ただしチーム側も、旧型マシンでテストすることの限界を承知しているでしょう。
にもかかわらずなぜテストするかと言えば、ディ・レスタと比較することで、クビサの回復具合を見るために他なりません。

Source: Massa unaware of Williams shoot-out | pitpass.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年10月4日号)ベッテル、日本GPでのペナルティを回避

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年10月6日号)日本GP FP1・FP2の結果

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
Tag:

戻る