新型メルセデス・ベンツSクラス デザイン一新で伝統に新風

2018年2月7日Mercedes-Benzの新車情報セダン, メルセデス・ベンツSクラス(W223)

Mercedes Benz S Class 2021

メルセデス・ベンツ新型Sクラスを発表しました。
レベル3自動運転などの革新的な技術を搭載したフラッグシップセダンです。
シンプルで上品なエクステリアデザインも特徴といえるでしょう。

今回は新型Sクラスの概要をご覧ください。


新型Sクラス(2021年モデル)の概要

エクステリア

Mercedes Benz S Class 2021
メルセデス・ベンツ 新型Sクラス

Mercedes Benz S Class 2021 front
ラジエターグリルが大型化され、さらに迫力の増したフロント周り。

Mercedes Benz S Class 2021 headlight
デジタルライトは様々なグラフィックを路面に投影できる。

Mercedes Benz S Class 2021 front three quarter
上品だが力強い印象だ。

Mercedes Benz S Class 2021 side
フロントアクスルからAピラーまでの距離が長い。

Mercedes Benz S Class 2021 door handle
フラッシュドアハンドルはこんな感じに飛び出す。

Mercedes Benz S Class 2021 rear three quarter
車体側面ではショルダーラインのみが強調されている。

Mercedes Benz S Class 2021 taillight
テールライトのLEDはかなり複雑なデザイン。

Mercedes Benz S Class 2021 rear
リア周りもシンプル。ゴテゴテしておらず上品だ。

旧型と比較すると車体側面のキャラクターラインが大幅に削減され、全体的に上品さが増した感じです。
フロントオーバーハングは非常に短く、一方でラジエターグリルは巨大なため、フロント周りは迫力のあるものとなっています。
長いボンネットと強調されたショルダーラインは、伸びやかな印象を生み出しています。

ボディサイズ

SWBはショートホイールベース、LWBはロングホイールベースの略です。

寸法 SWB LWB
全長(mm) 5,179 5,289
全幅(mm) 1,921
全高(mm) 1,503
ホイールベース(mm) 3,106 3,216

目次に戻る

インテリア

Mercedes Benz S Class 2021 interior
新型Sクラスのインテリア

Mercedes Benz S Class 2021 steering
囲まれ感の強いコクピット。

Mercedes Benz S Class 2021 MBUX
ドライバーディスプレイは様々な表示方式を選択可能。

Mercedes Benz S Class 2021 touch screen
センターコンソールのディスプレイは標準で11.9インチ。オプションで12.8インチにできる。

Mercedes Benz S Class 2021 front seat
タッチスクリーンは宙に浮かんでいるようなデザイン。

Mercedes Benz S Class 2021 roof
室内は明るく開放感がある。

Mercedes Benz S Class 2021 rear seats
長いホイールベースのおかげで後席の広さも十分だ。

Mercedes Benz S Class 2021 LWB
ロングホイールベース仕様にはオットマンも用意されている。

MBUXが第2世代に進化しました。
最大5台(ドライバーディスプレイ、センターコンソールのタッチスクリーン、リアエンターテイメントシステム*2、MBUXリアタブレット)のOLEDディスプレイから操作するか、おなじみとなった「Hey, Mercedes」の音声入力で操作できます。

ドライバーディスプレイは、3Dモードに切り替えることも可能です。ステレオカメラを用いたアイトラッキングによって、3Dメガネを使用せずに立体的な映像を見ることができます。

ラゲッジスペース容量は先代比+20リッターの550リッターです。

目次に戻る

シャシー

Mercedes Benz S Class 2021 chassis

最大のトピックはリアアクスルステアリングが搭載されたことです。標準で4.5°、オプションで最大10°までリアタイヤに舵角が付きます。ショートホイールベース仕様の場合、最小回転半径を最大で5.25mまで減少させることが可能です。

標準装備のサスペンションはエアサスのAIRMATICで、連続可変ダンピングのADS+と組み合わせてあります。
オプションのE-ACTIVE BODY CONTROLサスペンションは、フルアクティブ制御で快適な乗り心地を提供するだけでなく、側面衝突時にはPRE-SAFEと連動して車高を最大80mm引き上げることで、衝突エネルギーをドアシル部分で受け止めて、乗員を保護する機能も搭載されています。

目次に戻る

パワートレイン

ローンチ時のラインナップは以下の通りです。

S450 S500 S350d S450d
燃料 ガソリン ディーゼル
排気量(cc) 2,999 2,925
出力(ps) 367+22 435+22 286 330
トルク(Nm) 500+250 520+250 600 700
0-100km/h(秒) 5.1 4.9 6.2 5.4
最高速(km/h) 250

ガソリン車には48VマイルドハイブリッドのEQ Boostが搭載されているため、出力とトルクの項目にアシスト分が追加されています。

V8エンジンにEQ Boostを搭載したモデルも後に追加される見通しです。
また、EV航続距離が100kmもあるPHEVモデル(S580e)も2021年に追加されます。

Mercedes Benz S Class 2021 PHEV
プラグインハイブリッドのS580e

目次に戻る

運転支援システム

レベル3自動運転システムの「ドライブパイロット」が搭載されました。
LiDARや高精度な位置情報、高精度なデジタル地図を利用して、条件付きながらも自動運転(ステアリングから手を離してもよい)が可能です。
自動運転の対象となるのは高速道路か交通量の多い一般道(制限速度60kmまで)のみですが、各国の法律が対応次第、アップデートで順次拡大されていくそうです。

目次に戻る

価格・発売日

Mercedes Benz S Class 2021

価格はまだ公表されていません。

発売は2021年第1四半期になるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath