BMW i4 新型EVは600kmの航続距離を誇る4ドアクーペ!

2018年3月22日BMWの新車情報4ドアクーペ, EV, セダン

画像の出典: carscoops.com

BMWがバッテリーEV(BEV)の4ドアクーペ「i4」を開発中です。
「i3」や「i8」に次ぐiシリーズとして、BMWのラインナップに加わります。

このページでは、BMW i4の最新情報と画像をまとめています。

更新情報

パワートレインに関する情報を更新しました。(2019/11/16)

最新のスパイショットを更新しました。(2019/10/23)

最新のスパイショットと、インテリアの項目を追加し、ページ内の一部記述を修正しました。(2019/08/08)

スパイショットを追加しました。また、ページ内の記述を最新の情報に基づくものに更新しました。(2019/01/27)


BMW i4の概要

エクステリア

iヴィジョン・ダイナミクス・コンセプト

デザインは昨年のフランクフルト・モーターショーで発表された「iヴィジョン・ダイナミクス・コンセプト」がモチーフとなります。

iヴィジョン・ダイナミクス・コンセプト

BMWの代名詞である「キドニーグリル」だが、残っているのはフレームのみ。

ファストバックスタイルの4ドアサルーン。

独創的な形状のテールライト。

コンセプトではフロントガラスとパノラミックルーフが一体となっている。

BMW i部門の責任者であるロバート・アリンジャー氏は、「(iヴィジョン・ダイナミクスは)コンセプトカーだが、われわれはコンセプトカーと後の生産車が同じように見えるというBMW iの良い伝統を持っている」と語っています。
そのためi4も、コンセプトカーに近い見た目で登場するはずです。

スパイショット

キャリアカーに積載されているi4のテストカー。

顔つきはコンセプトに近いように見えるが……。

キドニーグリルの部分が突き出しているのは、擬装のためか、それともデザインか。

ファストバックに近いフォルムをしている。

リアハッチがガバっと開く方式のようだ。

リアバンパーには「Electric Test Vehicle」と書かれている。
画像の出典: carscoops.com
スパイショット(2019年8月撮影)
BMW i4のテストカー

こうして見ると結構ノーズが低いデザインだ。

EVだがフロントオーバーハングはそれほど短くなさそう。

リア周りはグランクーペ的なデザイン。車高は高め、ホイールは小さめ。
画像の出典: motor1.com

走行中のi4を捉えたスパイショットです。
フロントノーズは低く、ボンネットが長く見えるスポーティーなデザインとなっています。
リア周りはグランクーペ的なフォルムです。

最新のスパイショット(2019年10月撮影)
2019年10月撮影のスパイショット

市販バージョンのヘッドライトが装着されている。

ホイール形状が前後で異なる。暫定仕様ということだろう。

リア周りはグランクーペっぽいフォルムをしている。

テールライトのLEDは、最近のBMW車に共通するデザイン。
画像の出典: carscoops.com

ヘッドライトやテールライトが、最近のBMW車と共通のデザインとなっています。
灯火類に関しては、おそらくこれが市販バージョンでしょう。

個人的には、ミラーの付け根部分がものすごく細くて、ミラー部分が取って付けたような感じなのが気になります。
もしかするとコンセプトモデルのように、サイドミラーはカメラ化されるのかもしれません。

目次に戻る

インテリア

画像の出典: carmagazine.co.uk

12.3インチのデジタル・インストゥルメントと、10.25インチのタッチスクリーンの存在が確認できます。
基本的に3シリーズと同じデザインのようですが、市販バージョンでどうなるかは不明です。
i4はEVですから、ICE(内燃機関)車とは内装のデザインを差別化をしてくると思います。

目次に戻る

シャシー

i3やi8はカーボンファイバーシャシーでしたが、i4のアーキテクチャは軽量ながらもコストを抑えた、新しい構造のものとなります。
アルミニウムをメインにカーボンルーフなどを組み合わせたもので、4シリーズの各モデル(ガソリンやディーゼル、プラグインハイブリッド)と共有されるそうです。

ただしバッテリーモジュールの重量だけでも1,200kgあるとのことなので、車重はあくまで「EVとしては軽い」というレベルにとどまるでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

第5世代のeDriveを搭載するi4は、容量80kWhのバッテリーを搭載し、WLTP基準で600kmの航続距離を誇ります。
実電費に近いWLTP基準の数値なので、実際に同程度の距離を走行できるはずです。

また、150kWのDC急速充電器を使用すれば、わずか35分でバッテリー容量の80%までチャージできるそうです。
ちなみに同じ条件で100km分の電力を充電するのに要する時間はたったの6分とのことですから、もはやEVであることのデメリットは限りなく少ないと言えます。

モーターの数は2つで、システムの総出力は530psになるそうです。
次期M3が510PSだと言われているので、i4はM3以上のパワーを有することになります。

パフォーマンスについてBMWは「0-100km/hの可能性を再定義する」と語っており、4秒前後になる可能性が高そうです。
コーナリングに関しては、i3やi8でも妥協はありませんでしたから、i4でもBMWらしい「駆け抜ける喜び」を味わえることでしょう。
ただし最高速はやや低めで、193km/hとなります。

目次に戻る

価格・発売日

発売は2021年になると言われています。
同年のフランクフルトモーターショー(9月)で公開されるでしょう。

価格に関する情報はまだありませんが、BMWはテスラ・モデルSをベンチマークとしてi4を開発しているので、モデルSと同様の価格帯に収まるはずです。
ちなみにモデルSの日本価格は、960〜1705万円となっています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath