F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年6月1日)アロンソ「失望している」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • アロンソ「失望している」
  • ハース、カナダで空力アップデートを投入
  • ルノーがバンドーンに興味

それではご覧ください。


アロンソ「失望している」

モナコではルノーエンジンを搭載するレッドブルが優勝しました。
しかし同じエンジンを使うマクラーレンは、フェルナンド・アロンソがギアボックス・トラブルでリタイア、ストフェル・バンドーンはハイパーソフトタイヤのデグラデーションに苦しめられただけでなくピットでのミスも響き、14位に終わっています。

「多かれ少なかれ、レッドブルがここ(モナコ)でかなり強く、この道を好んでいることを我々は知っている」とアロンソ。

「また、メルセデスフェラーリも、レッドブルをここで勝つチームだと見なしていた。それは驚きではない」

「明らかに我々は、一年中あのレッドブルのペースを追い求めてきた。我々があのペースになるには、どの領域での仕事が必要か知っている」

「バルセロナの最終セクターで、レッドブルがモナコにおいて非常に強くなる可能性があると気づいていた。我々にそのペースはない」

「我々は同じパワーユニットを持っているので、ある意味では失望している。あのレベルになるべきだ」

「しかし同時に我々は、今年の早い段階からあのレベルにないことを知っていた。だができるだけ早くそうなれるよう努力する」

マクラーレンは開発陣の刷新を始めましたが、その効果が出てくるのは当分先の話しでしょう。
夏になれば来年型のマシン開発をスタートしなければなりませんし、今季中にパフォーマンスを大きく上げるのは難しいと思います。

Source: Alonso “disappointed” by gap to Red Bull | racefans.net

目次に戻る

ハース、カナダで空力アップデートを投入

モナコでハースは不振でした。
シーズン前テストからの速さは鳴りを潜め、ケビン・マグヌッセンは13位、ロマン・グロージャンは15位と、ポイント圏内から程遠いところで完走しただけです。

そのハースが、今シーズン初となる大規模な空力アップデートをカナダGPに投入します。
フロントウイング、フロア、バージボード周辺をごっそり変えてくるようです。

「多くのチームがスペインでアップデートした。我々はまだ小さなチームであり、大きなチームほど素早く反応できないため、カナダに持ち込むことにした」と、チーム代表のギュンター・シュタイナーは語っています。

ちなみにフェラーリ・エンジンもアップデートされるそうですが、こちらは小規模なものになりそうです。

「彼ら(フェラーリ)は非常に高度な開発を行っているので、エンジンのアップグレードは小規模なものになる。大きなパワーアップは難しいが、フェラーリがアップグレードを行うことは良いことだ。その度により多くのパワーを持ってきてくれる」

モナコでは上手くいかなかったものの、ハース・VF-18のポテンシャルはかなり高いですから、新たなパーツがきちんと機能すれば、カナダでは上位に食い込めるはずです。

Source : Haas has significant updates for Canada | pitpass.com

目次に戻る

ルノーがバンドーンに興味

マクラーレンのシート喪失も噂されているストフェル・バンドーンですが、ルノーは彼に興味を示しています。

「『ストフェルがルノーに加入する』とは言わないでくれ」と釘を刺すのは、ルノー・スポールF1のマネージング・ディレクターであるシリル・アビテブールです。「絶対にそうなるというわけではないからだ」

「しかし彼は我々が注目しているドライバーだ。可能な選択肢を疑ってみるときには、私はバンドーンを考慮に入れる」

「彼の置かれている状況は、非常に難しいと思う。一部始終を知っているわけではないが、時には環境を変えることで、ドライバーが一息つくことができるかもしれない」

「彼は速く、才能があり、下位カテゴリーの全てで一貫性があった。姿を消す理由は無い」

「しかしフェルナンド(アロンソ)のチームメイトとしては、特に近年のマクラーレンの状態では複雑だ」

「でも将来的には高いレベルのドライバーになるだろう。(バンドーンの移籍は)我々の状況次第だ」

バンドーンの母国であるベルギーメディアの質問に答えたものなので、リップ・サービスも混じっているでしょう。
ルノーとしてはカルロス・サインツの去就次第で新たなドライバーを探すことになるので、バンドーンがリストアップされていても不思議ではありません。
問題はバンドーンの名前がリストの何番目にあるかということです。

Source: Renault puts Vandoorne on potential 2019 short list | f1i.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.