他メーカーの新車情報 新車情報

新型メガーヌRSトロフィー ルノーがFFニュル最速の座を奪還するための最終兵器【7/19更新】

更新日:

ルノー・メガーヌRSトロフィーが、ついに正式発表されました。
ホンダ・シビックタイプRに奪われたニュルブルクリンク最速FFの座を取り戻すべく、その走りにはさらに磨きがかかっています。

このページでは新型メガーヌRSトロフィーの最新情報を随時更新していきます。

更新情報

正式発表された画像を追加し、記事内容を公式の情報に合わせて修正しました。(2018/07/19)


エクステリア

ルノー・メガーヌRSトロフィー


非常に強くF1がフィーチャーされている。


こんなところにTROPHYの文字が。


ライバルのシビックタイプRとは異なり、過激なエアロは付いていない。


軽量な19インチホイールは、独特なデザインだ。


ディフューザーもこじんまりとしている。


目次に戻る

インテリア

メガーヌRSトロフィーのインテリア。


なかなか上質なインテリアだ。


レカロ製のシートは、アルカンターラの表皮を持つ。


ステアリングもアルカンターラっぽい。R.S.のロゴがかっこいい。


メガーヌRSトロフィーには、テレメトリーとデータ収集を行う「R.S.モニター」というシステムが装備されています。
プレスリリースには詳細が書かれていませんが、おそらくセンターコンソールのディスプレイで様々な情報を確認できるのでしょう。

目次に戻る

シャシー

ブレンボのキャリパーとセットで開発されたバイマテリアルフロントブレーキディスクは、前輪それぞれのバネ下重量を1.8kg減らしました。

シャシーにはカップシャシーが採用されているため、スポーツシャシー比でダンパーは25%、スプリングは30%硬くなっています。
スタビライザーの剛性も10%上がっているそうです。

4輪操舵の4CONTROLも、もちろん装着されています。
タイヤはブリヂストンのS007ということなので、ちょっと意外な感じがします。
S007はコンフォート性にも配慮されたタイヤだからです。

目次に戻る

エンジン

新型メガーヌRSに搭載されている1.8リッター・直列4気筒ガソリンターボは280psですが、メガーヌRSトロフィーでは300psになりました。
トルクは420Nm(EDC車。6MT車は400Nm)です。
セラミック・ボールベアリング・タービンと、デュアル・バルブ・エキゾーストによって、パワーアップが達成されました。

ライバルであるFK8シビックタイプRは320ps・400Nmなので、パワーでは劣るものの、トルクでは勝っていますね。
0-100km/hのタイムも5.7秒でシビックと同じなので、加速性能は互角といえるでしょう。

先代メガーヌRS 275トロフィーRがニュルブルクリンクで記録したタイムは、7分54秒36でした。
FK8シビックタイプRのタイムは7分43秒8ですが、新型メガーヌRSトロフィーの空力パーツはかなり控えめなデザインなので、加速性能が互角でも、ラップタイムを上回るのは難しいかもしれません。

と思っていたら、メガーヌRSトロフィーを2シーター化した「トロフィーR」なるモデルが出るという噂が流れているのだとか……。
タイムアタックを担当するのは、もしかするとそっちのモデルになるかもしれませんね。

目次に戻る

価格・発売日

ヨーロッパでは今秋から予約の受付が始まり、デリバリーは冬から開始されるそうですが、日本ではどうなるかわかりません。

英国価格は30,000ポンドと予想されています。
1ポンド=150円換算なら450万円ですから、シビックタイプRと同程度ということですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.