他メーカーの新車情報 新車情報

ルノーZoe e-sport EVホットハッチは911ターボ並の加速力!

2017/03/10

ルノーが電気自動車(EV)のZoeのホットハッチバージョン、Zoe e-sportコンセプトを発表しました。
ポルシェ911ターボ並の加速力を持つEVホットハッチのスペックを、早速見ていきましょう。

sponsored link

Zoe e-sportのエクステリア

ワイドトレッド化され迫力満点。
ホイールは20インチ。カラーリングはかつてのF1のオマージュか。
リアウイングやディフューザーは、フォーミュラEにインスパイアされたものだとか。

目次に戻る

Zoe e-sportのインテリア

こちらもフォーミュラEにインスパイアされたもの。レーシングカーのようなデザインだ。
フォーミュラカー的なレクタングル・ステアリング。シートはレカロ製。

リアシートは外されており、2シーターに改造されています。

目次に戻る

Zoe e-sportのシャシー

ボディはカーボン製で、車重は1400kgです。
EVとしてはかなり軽く仕上がっています。

ワイドトレッド化されており、サスペンションはダブルウィッシュボーンに変更。
ブレーキも大径化されました。
ダンパーは、オーリンズ・4wayアジャスタブルダンパーが装着されています。
これらの構成は、メガーヌ・RS275トロフィーRと同様です。

目次に戻る

Zoe e-sportのパワートレイン

バッテリーは40kWhで、航続距離は400kmとされています。
ちなみにバッテリーパックの重量は450kgです。

モーターにはフォーミュラEの技術が用いられています。
最高出力は466ps最大トルクは640Nmと、見た目によらずかなりのモンスターマシンです。

それでいて車重は1400kgしかありませんから、0-100km/hに要する時間は、わずか3.2秒
ポルシェ911ターボカブリオレが同3.1秒ですから、Zoe e-sportの加速力がどれほどすごいかわかります。

ちなみに停止状態から最高速の210km/hに到達するにも、たった10秒しかかかりません。

目次に戻る

Zoe e-sportの現実味

ルノースポールはこれまでにも数々のスポーツモデルを生産してきました。
その中にはFF車をミッドシップに変更した「クリオ・ルノースポールV6」のように、大改造を施された車もあります。

フロントのエンジンは外し、リアシート部分にV6を積んである。

Zoe e-sportの製造に掛かる手間は、クリオ・ルノースポールV6に比べれば少ないでしょう。
市販される可能性は高いと思います。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報, 新車情報
Tag: , ,

Recommend

1
ジャガーXE SV Project 8 ジャガー史上最速のスーパー4ドアセダン
ジャガーXEに、SV Project 8と呼ばれる限定モデルが追加されます。 s ...
2
デイリーF1ニュース(2017年6月28日号)ハース、2台の明暗分かれる 他
最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース。本日のヘ ...
3
BMW新型X3(G01)モデルチェンジで軽量化×電動化(PHV)=低燃費に!【6/27更新】
3代目となる新型BMW X3の情報が、ついに正式公開されました!CLAR(CLu ...
4
日産がトヨタを打ち負かす!? ゴーンCEOはビッグマウスか検証
ルノー日産のカルロス・ゴーンCEOが、「ミッドイヤーには世界1位の自動車メーカー ...
5
日産 新型リーフの航続距離、価格、スペックなど最新情報【6/22更新】
日産・リーフのフルモデルチェンジが間近に迫っています。このページでは2代目となる ...
6
VW新型ポロ モデルチェンジ後の画像・価格・サイズ・スペックなど【6/17更新】
第6世代となるフォルクスワーゲン・ポロが、ついにお披露目されました。新型のボディ ...
戻る