他メーカーの新車情報 新車情報

DS7 クロスバック E-Tense フラッグシップSUVにPHEVモデルが追加!

投稿日:

プジョー・シトロエンの高級車ブランドであるDSオートモビルズが、フラッグシップSUVのプラグインハイブリッド(PHEV)モデルである「DS7 クロスバック E-Tense」を発表しました。
今回は、同モデルの概要についてお伝えします。


DS7 クロスバック E-Tenseの概要

エクステリア

DS7 クロスバック E-Tense


外観上の変化はあまりなさそうだ。


おそらくインテリジェントヘッドライトになるだろう。


写真のボディカラーはクリスタルグレーという新色。


堂々たる体躯であるにもかかわらず、清潔感のあるデザインだ。


19インチアロイホイール。


開口部下端は結構高い位置にある。


複雑な造形のテールライト。


目次に戻る

インテリア

インテリアの変更点はほとんどありません。
PHEV化されたことを受けてタッチスクリーンのメニューが改定されたことと、ギアセレクターに「E」の文字がエンボス加工されたことくらいです。

バッテリーを搭載しているDS7 クロスバック E-Tenseですが、室内とラゲッジスペースの広さ(555リッター)は、ガソリンエンジンモデルから変わっていません。

目次に戻る

パワートレイン

DS7 クロスバック E-Tenseには、1.6リッター・直列4気筒ガソリンターボ2つの電動モーターが搭載されています。
モーターの1基は後輪車軸を駆動するので、同車はAWD(全輪駆動)です。

ガソリンエンジンは200psを発生します。
一方、モーターは1つ当たり109psです。
システム全体では300ps・450Nmを生み出します。

バッテリー容量は13.2kWhです。
大容量のバッテリーにより、実電費に近いWLTPサイクルであっても50kmのEV走行が可能となっています。
なお、EV走行時の最高速は135km/hです。
燃費は45.3km/Lとなっています。

走行モードはゼロエミッションモード(EVモード)の他に、スポーツ、ハイブリッド、4WDを選択可能です。
また、E-Saveという機能を使えば、20km分のバッテリーを温存することができます。
目的地が繁華街などの低速走行しかできない場所である場合には、そこを走るためのバッテリーを残しておいた方が、全体として燃費を節約できるからです。

ギアボックスは8速ATで、0-100km/hは6.5秒とかなりスポーティー。
充電は32Aまたは6.6kWhの充電器で約2時間、従来のコンセントならば約8時間で完了します。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

ヨーロッパでの販売は2019年を予定しています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-他メーカーの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.