F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年12月2日)ペレス、やっぱりオコンと仲が悪かった

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えする「デイリーF1ニュース」。
今日のニュースは以下の2本です。

  • ペレス、やっぱりオコンと仲が悪かった
  • FIA会長「隠されたシミュレーションが多すぎる」

それではご覧ください。


ペレス、やっぱりオコンと仲が悪かった

チームメイト同士だというのにコース内で激しく争い、時には物理的な接触事故まで起こしていたセルジオ・ペレスエステバン・オコンの2人は、やはり仲が悪かったようです。

「正直言うと全く素晴らしくなかった。最高の関係ではなかった」とペレス。

「我々は車の外で多くの時間を過ごすことはなかった。だからそれ(2人の関係)は、極めてフラットだった」

「私の以前のチームメイトたちとは、もっと車外での関係があったと伝えたい」

「ドライバーたちの中には、レース中と車の外を分けられない者もいる。みんな違うんだ」

しかしオコンと将来仲良くなる可能性もあるとペレスは言います。

「ヒュルケンベルグとの間で、以前そういうことがあった。常に熱心で、我々には競争力があったけど、もはやチームメイトでなくなったときに、関係が突如として少し良くなる。場合によるんだ」

オコンは幼馴染であるピエール・ガスリーともあまり仲良くありませんし、優勝を失ったマックス・フェルスタッペンに見せた態度も酷いものでした。
オコンは2020年からメルセデスルイス・ハミルトンのチームメイトになると言われていますが、上手くやっていけるとは思えません。

Source: Perez admits he never got on with Ocon at Force India - f1i.com

目次に戻る

FIA会長「隠されたシミュレーションが多すぎる」

シーズン中のプライベートテストが制限されていることで、F1チームはシミュレーターで開発を進めることが多くなりました。
チームはテレメトリーから得たデータと、専属のシミュレーター・ドライバーを用いて、レースの週末にも車を開発しています。

「状況は変化しており、時には良く、時にはあまり良くない」と語るのは、FIA会長のジャン・トッドです。

「車の信頼性は非常に高いと私は思う。同様に、見ることのできない出来事もかなり多い。シミュレーションは制限外で、レースウィークエンドやその他の期間中に、ファクトリーにおいてレースサーキットのドライバーシミュレートを行っている」

「ある意味では、私は過去を懐かしむ。プライベートテストが恋しいね。誰もが『プライベートテストが多すぎる』と不満を言っていたが、少なくとも、何が起こっているか知ることは出来た」

「おそらくプライベートテストはあまりにも多すぎたのだろうが、ファクトリーでの隠れたシミュレーションも多すぎると思う。時には近代化も良いが、しかしもう少しコントロールすべきときもあるのは明らかだ」

コスト削減がF1の魅力までも削ぎ落としてきた側面があるのは事実だと思います。
F1はチーム間格差を埋めるべく、予算制限などの措置を検討していますが、開発競争も厳しく制限しすぎると、やはり面白みが失われていくでしょう。

Source: Too much “hidden simulation” bad for F1 – Todt - racefans.net

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.