ロータス エヴォーラGT4コンセプト 軽さ、パワー、空力と三拍子揃ったレーシングカー

他メーカーの新車情報, 新車情報スポーツカー, ライトウェイトスポーツカー, レーシングカー

ロータスエヴォーラGT4コンセプトを公開しました。
新しいGT4レースカーのコンセプトモデルです。

今回はエヴォーラGT4コンセプトの概要をご覧ください。


エヴォーラGT4コンセプトの概要

エクステリア

エヴォーラGT4コンセプト

ユニオンジャックと五星紅旗があしらわれている。

取り外し可能なカナードが追加されている。

バンパー内部に見えるカーボン製のものは、ブレーキダクトのようだ。

鍛造アルミの12スポークホイールはセンターロック式。

ロータスと親会社である吉利の関係を表したボディカラーだ。

リアウイングとディフューザーもGT4コンセプトオリジナルのものだ。

フロント周りはロードカーのエヴォーラ GT430と同じデザインですが、カナード(取り外し可能)やバンパー内部に設置されたブレーキダクト、そしてフェンダー上部に設けられたルーバー、4ベーンのリアディフューザー、そして調節可能なフラットプレーンのリアウイングなどが、GT4コンセプトならではの部分です。

軽量化のため、フロントおよびリアのバンパー、ルーフ、エンジンカバー、リアクォーターパネル、ディフューザー、リアウイングなどは、全てカーボンファイバー製のものに置き換えられています。
ドアガラスもプラスチックですし、バッテリーも鉛電池からリチウムイオンとなり、ホイールも軽量な鍛造アルミニウムです。

これらの軽量化により、エヴォーラGT4コンセプトの車重は1,200kgに抑えられています。

目次に戻る

インテリア

エヴォーラGT4コンセプトのインテリア

ボタンの並ぶステアリング。エンジンはMoTeCで制御しているようだが、ABSはボッシュ製だ。

これは消火器だろうか。

8点式ロールケージ、6点式シートベルト、HANSに対応したシート、FIA準拠のキルスイッチ、消火器などの装備により、ドライバーの保護は万全です。
また、データロガーとアラートの表示が可能な6インチTFTカラースクリーンも装着されています。

目次に戻る

シャシー

基本構造はロードカーのエヴォーラと同じです。
つまり軽量なアルミ押出し形をエポキシで接着して、リベット止めした高剛性なシャシーが使われています。

ロードカーと異なるのは足回りです。
ダブルウィッシュボーンサスペンションのアームは軽量かつ高剛性な鍛造アルミに変更されていますし、ショックアブソーバーも2Way調整可能なものとなっています。
スタビライザーもチューブ状のものに変更されました。

ブレーキも強化され、ディスク径はフロント380mm、リア355mmとなっています。
キャリパーは4ピストンで、ブレーキパッドはもちろんモータースポーツ用のものです。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはトヨタ製の3.5リッター・V型6気筒スーパーチャージドです。
パワーは456ps、トルクは510Nmを発生します。
パワーウエイトレシオは2.63です。

トランスミッションは6速シーケンシャルで、パドルシフト付きです。
トルセンLSDが装着されており、最高速は274km/hとなっています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath