アルファロメオがジュリエッタの生産を終了か

2020年2月13日Alfa Romeoの新車情報Alfa Romeo Giulietta, ハッチバック

Alfa Romeo Giulietta 2019

アルファロメオ ジュリエッタが、2020年春をもって生産終了となるかもしれません
ジュリエッタを生産しているカッシーノ工場では、既に40~70台/日しか生産していないそうで、生産終了は時間の問題と見られています。


アルファロメオ ジュリエッタに生産終了の噂

なぜジュリエッタは生産終了するのか?

Alfa Romeo Giulietta 2019

現行型のジュリエッタは、147の後継モデルとして2010年5月に発売(日本導入は2012年)されました。
全長4,350mmのCセグメント・ハッチバックで、ライバルはアウディ A3などのプレミアム・コンパクトです。

2019年に販売台数が急減

発売からかなり時間が経過していることもあって、ここ数年ジュリエッタの売上は落ち込む一方でした。
2010年代半ばには、ヨーロッパで年間40,000台ほどをコンスタントに売り上げていたジュリエッタでしたが、2018年には26,632台、2019年には15,690台と急減しています。
市場において競争力を失っているのは明白です。

目次に戻る

カッシーノ工場はマセラティの生産にスイッチか

FCA(フィアット・クライスラー・オートモーティブ)は、ジュリエッタの生産を停止した後のカッシーノ工場で、マセラティの新型SUVを生産する計画のようです。
このSUVは製品ロードマップ上で「D-SUV」と呼ばれているもので、レバンテよりも小型のSUVとなります。

Maserati Product Road Map 2019
マセラティのプロダクトロードマップ

目次に戻る

次期ジュリエッタはどうなるのか?

FCAはアルファロメオへの投資を大幅に削減し、新型GTVや8Cの開発もキャンセルされてしまいました

そのため次期ジュリエッタが登場するかは微妙な情勢です。
アルファロメオはトナーレコンパクトSUVで攻勢をかける予定ですが、これらのSUVが成功しない限り、次期ジュリエッタが登場することはないでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath