「批評」 一覧

人手不足解消に自動運転車で宅配!? ドミノピザの新たな挑戦!

あなたはピザーラ派ですか? それともドミノピザ派? もしくはピザハット派もいるかもしれませんが、筆者はドミノピザをよく利用します。クーポン等の値引きが充実しているので、ついついドミノに引き寄せられてし ...

マセラティとアルファロメオが売却される? フィアット・クライスラーが事業再編を加速中

フィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)が、マセラティとアルファロメオをスピンオフする可能性があると報じられています。 中国の自動車メーカーがFCAの買収を提案するなど、FCA周辺では事業再 ...

日産がNECを見捨ててバッテリー事業から撤退する理由

NECは、EV用のバッテリー電極を生産していた「NECエナジーデバイス」を、中国のベンチャーキャピタルである「GSRグループ」に売却することを検討しています。売却額は150億円程度で、年内にも合意する ...

マツダ次期アクセラにHCCI = SKYACTIV-X搭載で超低燃費を実現!

画像は現行型アクセラのデザインスケッチ(新型のものではない) マツダが10月の東京モーターショーにおいて、新型アクセラ(第4世代)のコンセプトカーを発表します。 その新型アクセラには、SKYACTIV ...

販売台数世界一となったルノー日産が、三日天下では終わらない理由

以前日産がトヨタを打ち負かす!? ゴーンCEOはビッグマウスか検証という記事を書いたのですが、ゴーンCEOがビッグマウスではないことが証明されました。昨日ホンダの決算が発表され、ルノー日産アライアンス ...

新型シビックの販売台数が日本では伸びないと思う理由

ホンダが日本国内でも、新型シビックの販売を開始しました。 日本における事前受注は6300台と、月間販売目標の3倍の台数を受注しているようですが、月間販売目標は新車投入時の人気に合わせて設定されるわけで ...

ダイムラーに続き、BMWとアウディもディーゼル車をリコール

先日ダイムラーがディーゼルエンジンのリコールを発表しましたが、それに続いてアウディとBMWも、ディーゼルエンジンのサービスキャンペーンやリコールを行うと発表しました。

ダイムラー(メルセデス)が300万台のディーゼル車をリコール。排ガス問題修正のため

ダイムラーが基準値を超える有害物質を排出する自動車を、欧州で100万台以上販売していたとされる事件で、ダイムラーはこれまでに販売した300万台のディーゼル車について、車載ソフトウェアをリコールすると発 ...

日産がトヨタを打ち負かす!? ゴーンCEOはビッグマウスか検証

ルノー日産のカルロス・ゴーンCEOが、「ミッドイヤーには世界1位の自動車メーカーになると期待している」と、ルノーの株主総会で発言したそうです。 ミッドイヤーというのは文字通り1年の真ん中あたりですから ...

C-HRが欧州でも売れ行き好調! 「かっこいい」がトヨタを救う!

トヨタ・C-HRの快進撃が止まりません。日本では4月の車名別新車販売ランキングでトップになったC-HRですが、ヨーロッパでも販売台数を伸ばしているようです。 今回は、欧州でトヨタが直面している問題と、 ...

ボルボの親会社・中国吉利(ギーリー)が、ロータスの株式の51%を取得

中国・吉利(ギーリー)自動車は、2010年にボルボを買収しました。 この買収は大きな成功を収め、2011年には1255億2500万クローナだったボルボの売上高が、2016年には1806億7200万クロ ...

スバルが2018年にPHEVを、2021年にはEVを発売すると明言!

これまでプラグインハイブリッド(PHEV)や、電気自動車(EV)に参入していなかったスバルが、ついにパワートレインの電動化に乗り出すようです。スバルの吉永社長は、2018年、つまり来年にはPHEVを発 ...

新型シビックタイプR ニュルでFF最速タイム達成も……残る疑問

ホンダの新型シビックタイプRが、ニュルブルクリンクでFF最速タイム、7分43秒80を記録しました。 しかしタイムアタック車両の装備が市販車と異なるうえ、シビックタイプRのパッケージング自体に疑問が残る ...

GMがオペルを売りたい理由、PSAが買いたい理由

ReutersやBloombergといった経済メディアが、ゼネラル・モーターズ(GM)が傘下のオペルをプジョー・シトロエン(PSA)に売却するのではないかと報じています。 売却交渉にはまだ時間がかかり ...

ボルボの電動化戦略(EV・PHV・48Vマイルドハイブリッド)

ボルボのパワートレイン電動化戦略が明らかになりました。今後3年の間に、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(EV)、そして48Vマイルドハイブリッドを次々と投入していく予定のようです。 今回はボ ...

マクラーレンが新施設を建設! ル・マン復帰も?

2016年は過去最高の販売台数を記録したマクラーレンの勢いが止まりません。さらなる飛躍を目指して新たなテクノロジー・センターの建設を決定しただけでなく、なんとル・マン24時間レースに復帰するかもしれな ...

48Vマイルドハイブリッドとライトサイジングが今後の主流に

日本ではハイブリッドの追加が話題を呼んだトヨタ・ヴィッツ(欧州名: ヤリス)ですが、欧州仕様車ではガソリンエンジンモデルの排気量を1.5Lにアップする、ライトサイジングが敢行されました。 また、フォル ...

1月の米国新車販売台数ランキング トヨタ販売不振

1月の米国新車販売台数の結果が出揃いました。自動車メーカー別の販売台数ランキングに、ちょっとした異変が起こっています。早速見ていきましょう。 画像の出典: netcarshow.com

不人気50プリウスがヨーロッパでは売れている……!?

新型プリウスが売れてない!という記事を、以前書いたことがあります。実際、先代30プリウスほどには売れていません……日本とアメリカでは。 ところがヨーロッパでは事情が異なるようで、なんと、あの「オタク向 ...

米国通商代表が欧州からの輸入バイクに100%の関税を提案

ドナルド・トランプ大統領の指図とは言わないまでも、新大統領におもねる勢力が跋扈し始めたと見るべきでしょう。米国通商代表部は貿易紛争に対する制裁措置として、欧州から輸入されるオートバイに100%の関税を ...

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.